絶対に1週間で確実に5キロは落ちるダイエット法

ダイエットとは基本的に食事療法の事を指します。苦痛を伴わず、お腹一杯食べながら継続するだけで、気が付いたら体が締まっているダイエットを紹介します。

どのお医者さんに伺っても○○だけを食べ続けるダイエットは否定されていますし、本質的に豊かな日本で単品だけの食事が続けられるとは考えられません。

[expand title=” 続きを読む ” swaptitle=” ” alt=”next” trigclass=”noarrow”]

◆ダイエットを始める

omelette-992951_640

出典:https://pixabay.com/static/uploads/photo/2015/10/17/18/03/omelette-992951_640.jpg

朝食

朝食は卵とバターとチーズを頂きましょう。

1・フライパンにバターを溶かす

2・卵を2~3個とチーズとミルクを入れて混ぜる

3・フライパンに卵液を入れ加熱

4・オムレツ上になれば出来上がり

これを朝食で頂きます。この素晴らしい点は半日はお腹が空いたと感じない事です。

ランチ

お弁当でもサンドイッチでも外食でも、何を選んでも構いません。ご飯ものやカレー等でも全く普通にお食事をおとりください。

その折には、必ず「ふすま粉」もしくは「食物繊維」を一緒にお召し上がりください。

‐ふすま粉の場合

チャーハンやラーメンでも何でも構いません、お召し上がりになる時にフリカケのようにパッとお掛けください。

全く舌触りも変わりませんし、味も全く変化しません。

‐食物繊維の場合

サイリウムハスクかイサゴールという名称かもしれません。

お食事の前にコップのお水と一緒に飲むか、指示通りにされてください。

夕食

糖質(お米や小麦粉の類)を半分以下にしましょう。糖質を食べるなら必ずふすま粉を振りかけてGI値を減らすようにしましょう。胃の中でどのように変化するかと、論理的に考えるだけですから、簡単です。

その外の物は普通に食べても構いません。お肉やお魚は好きなだけお召し上がりください。

◆まず始めに便秘解消と震えるような飢餓感をクリア

holzfigur-980784_640

出典:https://pixabay.com/static/uploads/photo/2015/10/10/13/42/holzfigur-980784_640.jpg

人間は食べたいのに食べられない飢餓感を恐怖と感じます。これは人間ですから不可抗力となります。その恐怖を感じると不安感が自分を慰めようと、唇で感覚を慰めようとします。

これが赤ちゃんのおっぱいに吸い付くと安心する気分のメカニズムです。

過食症の人は不安感があると、食べ物で自分の気持ちを落ち着かせようとします。不安になるとタバコを求める気分も同じものです。

人間は飢えを経験すると、自動的に恐怖とその防衛反応と言う肉体的メカニズムで作動してしまいます。

精神面ではストレスに耐性を付けるのは良い事ですが、空腹感や飢えは生命のピンチと言う反応でデブに成ります。

◆体に蓄えられた余剰な水分と便を排出する


fountain-197334_640

出典:https://pixabay.com/static/uploads/photo/2013/10/18/09/09/fountain-197334_640.jpg

糖分は水分を保有する仕組みが有ります。甘い物を頂くと喉が渇くのと同じ事です。糖質を減らすと2~3日で3キロ位スグ体重は落ちます。

タンパク質と油分をタップリで、炭水化物を押さえ、食物繊維を摂取したら便秘がスルッと治ります。

朝、炭水化物を取らずタンパク質とタップリとした油分を摂取した場合、ほとんど1日中空腹感を感じません。

◆まとめ

career-1019755_640

出典:https://pixabay.com/static/uploads/photo/2015/11/03/08/53/career-1019755_640.jpg

ダイエットは2種類有ります。1つは効果を求めるダイエット、もう1つは自己満足のダイエット行為。

選ぶのはご本人で、効果を実感するのもご本人です。

[/expand]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)