何も話してくれない 、自分を大事にしてくれないとお嘆きの方へ‐育児も恋愛も同じ‐

夢中になって追いかけてきた彼氏も、自分が居ないと生きていけなかった子供達も、妻や母であるアナタに何も話さなくなります。もう自分は嫌われたのかしら、必要とされていないのかと心配になるかもしれません。そんな時、どんなに辛くてもドンと構えていましょう。

男も子供も扱い方は同じです。
今回は子供と男の扱い方をご説明致します。

hands-105455_960_720


[expand title=” 続きを読む ” swaptitle=” ” alt=”next” trigclass=”noarrow”]

◆絶対に・・・自分だったら・・・をストップ(一時停止ネ)

portrait-317041_960_720

『子供が何も話してくれない、昔は自分に何でも話してくれたのに』これを前提とします。
この場合、話してくれないから寂しい、何を考えているのか判らないと言う不安感が沸き起こります。

何でも話して欲しい、自分は何でも知っておきたい。
これが、妻や母(ママ)の気持ちです。

ふっとした不安感があると、次から次と悪い事を想像してしまうのが人間の常です。
• もしかして~
• ヤッパリ~
• でも~
• そんなことは無いと思うけど~

話して欲しいと願うなら、相手に話させるという方法を取りましょう。

◆交渉決裂になる危険な手段

pair-707503_960_720

‐絶対に相手が遠ざかる、もしくは縁が切れるやり方
例)
• 相手に気にして欲しいから機嫌が悪い事を見せ付ける。
• トゲトゲした態度を取る
• これ見よがしに他の人と仲良くする
• 食事のランクを落とす
• 家事放棄
• ケンカ(相手にして欲しいから)
• 憎憎しい顔つき

親子だから妻だから彼氏だからと甘く見てはいけません。大塚家具のお家騒動を覚えておいででしょうか。結婚やおめでたい時に家族で買いに行くはずの大塚家具でさえ、跡目争いで血で血を洗う騒動になりました。

今から四半世紀前にはオウムや統一教会に入った信者達を奪還するといって、家族と教団でとんでもない争いごとが起きたこともあります。

親子や兄弟、家族で憎み合うということはあります。また夫婦でもちょっとした穴から水が滴り落ち、次は離婚争議で大変な事になってしまいます。

近しい間柄だこそ、相手と話ができる間柄にしておく必要性が有ります。
一緒に住んでいる家族でも、相手が何を考えて居るのか全く判らないことは沢山有ります。

◆相手と話をするコンデションに持っていくハウツウ

girl-690614_960_720

挨拶と視線と名前!!
たったコレだけです。目を見て、挨拶し、名前を呼ぶ。

ナゼ、こんなにカンタンか。
人間は好きな人と目を合わせます。目を見ていると相手を好きになります。反対に嫌いなものは目に入れないようにします。

好きになると常に名前を呼んでいます。恋した人やアイドルを好きになった人たちは常にその相手の名前を呼んでいます。嫌いになると名前も呼びませんし、気分が悪いからとあだ名で呼んだり、アレやヤツや敵のように暗号化してしまいます。
嫌いな人には声もかけませんし、視線も合わせません。

(視線)おはよう、○○さん。
はい、ありがとうね、○○さん。(視線)
なんか、面白そうね、○○さん。(視線)

◎アイコンタクト、挨拶、ネーム

◆まとめ

woman-918819_960_720

はっきりしっかり話し合いましょう、というのを女性は好きですが、コレをやると相手は必ず嫌います。女子が告白を求め、ハッキリさせたがりますが、アレをやるとそれ以上の進展が無くなるのと同じ事です。

相手から話をさせる、これがゴールデンルールです。


[/expand]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)