《お笑い芸人も歌う!そして売れていた!?~J-POP History~Still being on the Road~》

年末は色々なLIVEやイベントがあってミュージシャンもファンも大忙し!
…なのはアーティストだけじゃないんです!

お笑い芸人さんもヒットソングや名曲を歌っていることをご存知ですか?
今回は「芸人さんが歌った曲」をご紹介します。

«Still being on the Road→まだ途上にあること»

001

出典:http://data.whicdn.com/images/214698831/large.jpg

続きを読む

《2015年、話題になったのはコレ!「浜田ばみゅばみゅ」》

02

出典:www.amazon.co.jp

「きゃりーぱみゅぱみゅの妹分」としてダウンタウンの浜田雅功さんが
「浜田ばみゅばみゅ」名義でCDを発売しましたよね。

先日は音楽番組でも姉妹コラボ(?)されていてビックリでしたね!

相方の松本人志さんすら
「俺にはあんなん出来ひんわ…」
と感嘆していたのが印象深かったです。

そんな浜田さんですが、1995年には小室哲哉さんプロデュースのユニットのリードボーカルとして
「WOW WAR TONIGHT~時には起こせよムーヴメント」
(名義はH JUNGLE with T)
を発売し、200万枚を超えるミリオンヒットになっています。

03

出典:www.amazon.co.jp

また、「あんなん出来ひん」と言った相方の松本さんと一緒に同じ1995年
「GEISHA GIRLS(ゲイシャガールズ)」
というユニット名義でのCDをリリース。

こちらのプロデューサーは「世界の坂本龍一」さんをはじめとする有名なクリエイターたちが参加。
(小室哲哉さんも参加)

04

出典:www.amazon.co.jp

松本さんが番組内でノリで発言したことが実現し、全米デビューもしています…。

《「一気!」で大ブレイクしたとんねるず》

06

出典:amazon.co.jp

今は「大御所扱い」されているとんねるずが大ブレイクした1980年代は
(ちょっと大げさかもしれませんが)「ジャニーズアイドル並み」の人気を誇っていました。

深夜番組でTV界での認知度を高めたとんねるずが、当時まだ今ほど売れていなかった秋元康さんの企画で
「おニャン子ブーム」を巻き起こした「夕やけニャンニャン(1985~1987年)」で更に人気を博したことにより
“秋元康・見岳章のゴールデンコンビ”により作成された楽曲です。
(このお2人で美空ひばりさんの「川の流れのように」等のヒット曲も作られています)

当時「怖いもの知らず」だったとんねるずはドラマや映画にも積極的に出演し、主題歌も担当していました。

いまはすっかり「MCに回った感」のあるとんねるずですが
「昔はこんなことしてたのかぁ!」
と聞いてみるのもよいかもしれませんね♪

《「世界の北野」の歌声》

05

出典:www.amazon.co.jp

今や「文化人・映画監督」としての方が有名な北野武ことビートたけしさんは元々はお笑いコンビ「ツービート」のツッコミ役。

この方も色々な歌を出されています。

2015年に行われた「したまちコメディ映画祭in台東」では
「下積み時代の自分のことをモデルにした歌詞」としてファンの間では人気の高い
「浅草キッド(1986年発売?)」を生歌で披露されました。

たけしさんの声は
「日本人が一番心地良いと感じる1/fゆらぎ(エフぶんのいちゆらぎ)である」
といわれていて、決してうまいとはいえないのですが心に染み入る曲が多いです。

これ以外にも「TAKESHIの、たかをくくろうか(1983年発売)」という名曲があり
こちらは作詞が谷川俊太郎さん・作曲が坂本龍一さんという豪華な顔ぶれです。
(筆者は以前「元々別の方が作曲した同じ歌詞の曲があり、それを聞いた坂本龍一さんが”俺ならこんな曲にはしない!”と言って自分で曲を書きたけしさんが歌った」というエピソードを聞いたことがあるのですが… どれだけ探しても「別な作曲者バージョン」というものが見当たりません… しかし曲名に「TAKESHIの、」とわざわざ入っているのでガセネタではないと思います。どなたか情報を持ってらしたら教えて下さい!)

この曲は「ビートたけしのオールナイトニッポン」のエンディングテーマとして長く使われており
ファンの間ではとても有名な曲です。

《他にも色々な芸人さんが歌っていますよ!》

01

出典:http://data.whicdn.com/images/149041552/large.jpg

最近ではよく「クマムシ」の曲が話題になりますが、彼らの曲は
「ネタから発生した作品」

「最初からその芸人さんを歌い手とみなして企画・発売された楽曲」
ではありません。

その点昔の芸人さんたちは
「歌手としての顔」
を持ち合わせている人もかなりいました。

彼らは「番組の連動企画モノ」とは別に「真面目に歌手として」歌っていました。
(セールス的には「……」ですが…)
明石家さんまさんも歌っていたんですよ!

「歌もお笑いも好き!」
という方はこれを機会に色々な芸人さんの歌を探してみるのも面白いのではないかと思います♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)