バカな子にしない為に親ができること‐結婚は離婚、病気は治療、子供がバカだと致命傷‐

あらゆる事柄には対処法があります。どんな事にも必ず解決方法は有りますが、子供の育て方が悪いと、致命傷です。相手は子供の権利や自由や尊重を求め、パラサイトの様に親の骨をしゃぶりつくし、それでも満足しません。
全て、親の自己責任です。

tmp32_1

出典:https://pixabay.com


[expand title=” 続きを読む ” swaptitle=” ” alt=”next” trigclass=”noarrow”]

子供は親のコピーです

tmp32_2

出典:https://pixabay.com

生きている間には色んなことがあります。あらゆる事にはカンタンな解決法があります。必ず時間と金で解決ができます。
心の問題を人生に付け加えると、人生は辛くメンドクサくなってしまいますが、心の問題を取った瞬間に解決します。

全ての事柄は自分が期待した通りにはなりません。常に当てが外れると考える必要があります。

‐親が子供に教える事
• やりたい事が有れば、情報と可能性の割合をパターン化してみる
• 人間のすることは絶対に何らかの落ち度がある
• 他人の感情をアテにしないこと
• 寂しいから一緒に居る人は下に落ちるだけ(家族、カップル、友人、友達、集団)

親はメーカーで生涯ギャランティ(保証)をしなければなりません

tmp32_3

出典:https://pixabay.com

親は子供が小さい時に絶対的な優位にあります。子供は親の保護が無いと生きられない為、親の機嫌を損ねるような事は言いません。好きな人は誰と聞かれると、目の前に居る人を口にするような自己保身を身につけていきます。

このとき、自我が生まれます。ありがちで無邪気に家族はしてしまいますが、絶対にしてはいけない事があります。

誰の事が一番好き?と尋ね、自分の名前を一番に言わないと、そうかじゃあわかった、何も買ってあげないと子供に答えることです。祖父や祖母がこの質問をしても害はありません。
親は、一番って言われたかったんだね、うれしいんだろうねぇ、と答えてあげるだけで子供は喜びます。

ところが、これを親がやると、子供は「ろくでなし」になります。親の聞きたいことを言うと、物を買ってくれるのですから。
アダルトチルドレンが一丁出来上がりとなります。

恐ろしい「ワカッテ欲しい」気持ち

tmp32_4

出典:http://up.gc-img.net

自分には価値が無い、自分がこんななのは親が悪いからだ、親のせいだと考えると常に相手の気に入る事だけを言いますが、ホンネは全く違う「嘘つき」が出来上がります。
押さえつけられ常にプレッシャーを感じている状態なので、誰かに自分の気持ちをワカッテ欲しい「欲」を持っています。

このワカッテ欲しい「欲」は、自分の気持ちを大事にしない相手には復讐しても当然だと考えます。相手に対する執着から、殺人やストーキング、嫌がらせ、あらゆる犯罪行為の言い訳を作る原因です。

まとめ

賢い子はお勉強ができる子では有りません。賢さとは自分をコントロールし、感情に流されない理性を持った人間を言います。賢い子になっているかどうかは、言葉の選び方でスグ判ります。賢い子は、「何時・誰が・何所で・何の為に・どうした」と語ります。

バカに成りかかっている子は「○○のせいで~」「○○されて~」と常に受動態、語ることは感情と主観だけ。

ちょっと子供の言葉に気をつけて見てあげてください。
気が付けばスグに軌道修正は可能です。ご安心を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)