人に好かれる子供にする秘訣‐賢い子はトクする‐

せっかく子供を生んで、誰にも好いてもらえないと、親しか可愛がって上げられません。残念。好かれる子供は友達も多く、社会で成功しやすいことは良く知られた事実です。せっかく産んだ子供が、警察のご厄介や刑務所の人気者になるのは流石にカナシイ。

人に好かれる子供を作る秘訣をご紹介します。

img_0


[expand title=” 続きを読む ” swaptitle=” ” alt=”next” trigclass=”noarrow”]

■1・子供には何が必要か

IMG_3793-1024x768

義務教育の子供時代に親が見るポイントは、その子供の特性です。基礎学習は絶対に必要です。どんなに可能性を持った子供でも、基礎知識や学習が無い子は、勉強している人には確実に負けます。

例)
• テニスの才能が有る素人
• 才能は普通のテニスのプロ
• 絶対にプロが勝つ、栄光も成功も取る
※どんなに能力が有っても常に鍛えていないと、役に立たちません。

• キレイな顔した怠け者
• ちょっとおたやんの働き者
• 絶対におたやんは好かれ、幸せになる

• イケメンのろくでなし
• やる気ばりばりのホリエモン
• ホリエモンは刑務所から出ても仕事と人気がある

■2・普通の子

6531887571_8f07f6ecec_b

普通の子と周囲に言われたら、ありがたいことと感謝しましょう。人間は少し違った者を見るとじーっと見てしまいます。これは相手が自分にとって敵か味方かを真剣に考えているからです。
普通の子といわれたら、相手は敵だと考えていない証拠。
キレイだのイケメンだのと言われたら、必ず影で見えない部分の悪口を言われています。羨ましがられる人は周囲から強く失敗を願われます。

特長が無い、相手の意識に昇らないことはラッキーです。背が高かったり、色が白い、ハーフだ、キレイだ、アクセントが違うなど、なにかふっと気に成る部分が有ると、人は興味が敵意に変り安いことを記憶の片隅に置いてください。

‐賢い子にするには
礼儀(社会のルール)を教える、心は無くてもOK
お座りができないとアウト(成人式で暴れる類はヤバイ)
自分が巨大化するとバカになる(自意識過剰、自己中心)
社会のルール(いじめとは犯罪行為・殴られたら暴力行為・脅されたら脅迫行為)を公的に処理する能力が必要
他人の食べ物をバカにしない(異教徒の戒律、食習慣)
友達を選ぶ(ダメなヤツからは静かに早く離れよ)

■3・賢い人はトク(徳と得)

91v+CT3HNYL._SL1500_

賢い人は他人にメリットをもたらしますから、好かれます。何かを生み、何かを他人にあげる人です。笑顔や温かい気持ち、単純に良かったなぁと感じます。

バカは嫌われます。同じレベルの人同士でしか受け入れられませんし、何も産まないので避けられます。

‐嫌われる人とは
• 臭い
• 危ない
• 汚い
• 煩い
• やかましい

嫌われる条件を持った者は周囲に注目されたくて、目立とうとします。どんなに大声で叫んでもテレビのニュースで流れるのは2分程度。
事件や警察のご厄介になった人は他人に迷惑をかけて、自分で自分を罰せられるように追い込みます。
損なこと。

■まとめ

子供は賢い子に育てましょう。愚かな事をすると自分が損すると教えてやってください。成人式で「自分」をアピールする人は、狂犬病のように泡を吹いているだけだと子供に教えましょう。
バカではなく、哀れなのだと諭すのも良いでしょう。
お試しください。


[/expand]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)