子供を幸せにする方法‐物が溢れるほどあっても不幸せな日本人‐

消費社会に居る我々は、アレを買え、コレが新しいモードだと買え買えと踊らされます。どんなに激しいビートでダンスに酔っても決して幸せにはなりません。
子供を幸せにするのは親の務めです、親が子供を守らないと、子供は狂ってしまいます。

出典:http://a51.up.seesaa.net/image/mother.jpg


[expand title=” 続きを読む ” swaptitle=” ” alt=”next” trigclass=”noarrow”]

■1・ブランド品を持っていても幸せにはならない

o0800059713358819430

出典:http://stat.ameba.jp/user_images/20150707/08/satopome/da/e5/j/o0800059713358819430.jpg

親は子供の製作者ですから、子供に「幸せ」を教える義務があります。「幸せ」とは感覚で維持できるものでは無いと教えてください。

●幸せとは何か

‐目を閉じて幸せをイメージすると感じる事
• ポカポカと暖かい
• 満腹で眠くなるちょっと前の感じ、生理的欲求(食欲・排泄欲・生存欲・性欲)が無い
• オレンジ色
• 明るい
• 背筋と体が伸びている(大の字スタイル)
• 頭がすっとクールで体だけ温かい

幸せとは困難の上にたどり着くゴールであると考えられていますが、幸せやオドロキはすっと来てさっと去っていきます。
感覚ですから、留めて置く事はできず、この感覚を何時どのように感じたかを追及すると買い物中毒や依存症に成ります。

頭の中で何度もあの感覚をもう一度と繰り返す為、ドンドンとエスカレートしてしまいます。ブランド品のバッグを持っていたら、こうなるはず、と思い込むことで欲望が高まります。同じ症状が日本人がパリで発病するパリ症候群です。

■2・自分の誇り

出典:http://www.sinbiz.info/images/img_112.jpg

自分の個人情報を明確にすると、自分を構成している物が現れてきます。そこには感情は全く必要ではなく、有るがまま。自分自身ですが、他人になりたいと欲望が現れたとき、自分自身を見失ってしまいます。

意欲や希望は素晴らしいものですが、どちらも扱い方を間違えるとタダの欲望と化してしまいます。
全ての人間は心の中に感情と欲の「虎と龍」を飼っていることを忘れてるなと、親は子供に必ず教えましょう。

自分を証明する為にやせ我慢をしたり、見栄を張り虚栄心で自分の経済状態をぼろぼろにしたりします。親が言っても必ず子供は一度や二度は愚かな事をしてしまいますが、親が子供を守る覚悟があると、子供は必ず軌道修正を行ないます。

■3・間違った誇り

幸せに成る為には、自分の心の中の「欲と感情」をコントロールする必要が有ります。これをコントロールするだけで、確実に子供は幸せを見つけられるように成ります。

‐間違った誇りを持つとバカになる
• 自分は(男か女)だから偉い
• 日本人は特別だからスゴイ
• 若いから偉い
• キレイだから勝った
• 年長者だから尊敬しろ
• イルカや鯨は可愛いが鰯はどうでも良い
• ブスだから結婚できない
• 性格悪いから売れ残る
• イエスとノーが言えるから国際人
• ハーフの子供を産んだら勝ち

■まとめ

出典:http://img.chess443.net/S2010/upload/2911032500002_1.jpg

親の務めは世の中で言われている「シアワセ」の正体を物理的に教える事です。こんな感じとかあんな感じとか、つたない言葉で言っても子供は混乱するだけです。子供には教える必要がある事と、ほおって置くべきことがあります。

• 礼儀(心は入れる必要ナシ)
• 世間が言う「シアワセ」とは何か
• お金の使い方と貯め方
• 人間の習性(不安だと人と群れたがる、褒められる時は自分だけが良い)
• 正義とは(人の数だけ有る、自分に都合の良い事を正義と言う)
• 人間は嘘をつく


[/expand]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)