バレンタインデーにはチョコレートはもう古い!‐「ひとめ惚れ」がニュートレンド‐

バレンタインデーに女性が男性にチョコレートを送り続けて半世紀。バレンタインデーにチョコレートを送り、めでたく恋が実ったケースは現代の奇跡。奇跡とオバケは待ち続けても出てきません。
これからはチョコレートをばら撒くより、ひとめ惚れをさせるのが早道です。

出典: https://www.pakutaso.com/20150914258post-6048.html


[expand title=” 続きを読む ” swaptitle=” ” alt=”next” trigclass=”noarrow”]

■1・貰って嬉しいのは「心」

出典:https://www.pakutaso.com/20150704204post-5795.html

男性にチョコレートを贈るバレンタインデーは日本の風習です。この風習ができたのは約半世紀ほど経ちました。
毎年、バレンタインデーが来ますが、チョコレートを貰ったのでありがたく恋愛が実ったという話を聞いたことはありません。

女性誌やメディアではバレンタインデーは大きなイベントとして語られます。花いちもんめのように「あの子が欲しい」やっぱり「この子も良いな」と識別されるのは一抹の悲しさを覚えます。

夏の七夕と同じ、年中行事になったバレンタインデー。どんなに沢山のチョコレートや愛の告白を貰っても、はいはいありがとうね、はいはい。で、終わります。

告白するほうは、大事に感じるかもしれませんが、慣れてしまっているほうはフーンで終わります。

告白とは、感想を述べる意味でしかありません。アイドルはプレゼントやファンレターを貰っても、恋に落ちることはありません。慣れとはそういうものです。

■2・「ひとめ惚れ」の方法とは

出典:https://www.pakutaso.com/20151250350post-6465.html

相手に喜ばれるのは「心」を見せることです。
心をどうやって相手にアピールすれば良いのか、と不思議がられるかもしれません。人は好かれている視線と、嫌われている視線を簡単に感じられます。

例)
• 優しく愛しいと撫でるような眼差し
• 怒りに燃える眼つき
• 憎しみを込めて睨みつける眼
• 頼り無さそうに視線が揺れる
• 悲しそうに伏せられた目
などなど
好きな人に対する視線は相手の目がはっと合うことを数回繰り返します。じーっと見ていると文句を言うんじゃないかと不安がられます。お気をつけください。

好きですよのアピール方法
• 視線が合う
• 恥かしそうに目を伏せ、また見る(これを繰り返します)
• 軽く微笑みながら見つめる

惚れてますメッセージの利点とは
• 相手が気になって聞いてくる(好きな人には「尋ねる」)
• 気が変わっても謝る必要が無い
• 自分で何もしなくても良い(視線だけ)

■3・真実とは、チョコレート一箱で恋なんか実らない

出典:https://www.pakutaso.com/20140817217post-4435.html

まともな大人は実際の体験として、バレンタインデーのチョコレートは無駄だと知っています。ただ、それを言う大人はメディアからは排除されます。
メディアがブームを作ると莫大なお金が動きます。お金は求める人の「欲」が強いほど大きく動きます。

‐お金が動くには『○○したい、○○になりたい』を刺激する
• キレイになりたい
• 食べたい
• セックスしたい
• 選ばれたい
• 認められたい
• 愛されたい

■さいごに

出典:https://www.pakutaso.com/20151156316post-6256.html

いかがでしたでしょうか。視線一つで相手を自分に惚れさせる方法をご紹介しました。チョコレートを男性に撒くよりは、視線一つで恋を相手に思い込ませたほうが簡単です。
簡単にできますのでお試しください。


[/expand]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)