お酒が飲み放題の異例の映画祭「新宿国際映画祭2016」が2/11・13・14から3日間開催

異例の朝からお酒が飲み放題の映画上映イベント「新宿国際映画祭2016」が2/11(木・祝)、2/13(土)、2/14(日)の3日間の期間で東京新宿バー・GYOEN ROSSO 198にて開催されます。

出典:http://kai-you.net/press/img/CZIHJ9-UAAALsq81.jpg

【朝から酒が飲み放題の映画祭・新宿国際映画祭2016】を見る

「2016年新宿国際映画祭グランプリ」の栄冠は誰の手に?

普段は飲食店として営業しているGYOEN ROSSO 198での映画祭開催ということで、朝からお酒飲み放題となっています。(上映中は注文受付不可)

参加団体には、映像技術系雑誌『ビデオサロン』での連載を持ち、自身らの作品も映画化されている漫画家・タイム涼介さんと羽生生純さんからなる映像制作ユニット「サメナイ」。国内外の映画祭やイベントや、Youtubeなどのフィールドで話題を集め続ける、松本卓也さん率いる映像ゲリラ集団「シネマ健康会」。

また、大河ドラマ『真田丸』のOP映像を制作、伊坂幸太郎さん原作の映画『オー!ファーザー』の監督・藤井道人さんをはじめ、気鋭のメンバーを擁する「バベルレーベル」。2009年、東京国際映画祭で絶賛された『アワ・ブリーフ・エタニティ』の福島拓哉監督率いる総勢33人の大所帯、結成20周年を迎える「P-kraft」。

そして、プロデューサー・かげやましゅうさんを中心に個性豊かな監督たちが集まり制作された数々のオムニバス映画が国内外の映画祭で上映されている「ポーラーサークル」。話題作『あの娘、早くババアになればいいのに』の脚本を手がけた寺嶋夏生さんが所属する映像制作団体「三代川達」。

さらには、全編生演奏ミュージカルなどの演劇公演と並行して映像作品を制作し、カオスな世界観に定評のある「はっぽるしゅてぬ~る」など、名だたる強者たちが集まりイベントを盛り上げる。

この他にも、特別招待作品の上映、スペシャルゲストを招いてのトークイベントも開催される。

■イベント詳細

新宿国際映画祭2016
主催:株式会社ローズクリエイト
日程:2016/2/11(木・祝)、2/13(土)、2/14(日)
時間:10:00~17:00
会場:GYOEN ROSSO 198
アクセス:東京都新宿区新宿1-19-8 サンモール第7ビルB1F
料金:当日のみ2,500円
ドリンク&フード:飲み放題(但し、注文の受付は作品上映中等を除く)、フード持ち込み可(但し、においの強いものなど他のお客様のご迷惑になるようなものはご遠慮ください。またゴミ等に関しては各自責任をもって処分いただけますようご協力をお願いします)
参加団体:
・サメナイ(http://ameblo.jp/time000/)
・シネマ健康会(http://www.cineken.com/)
・はっぽるしゅてぬ~る(http://happol-shyutenull.simdif.com/)
・バベルレーベル(http://babel-pro.com/)
・P-kraft(http://www.p-kraft.com/)
・ポーラーサークル(http://ameblo.jp/michi-manga/)
・三代川達(http://www.miyokawa-tachi.com/)
ほか

「新宿国際映画祭2016」公式ツイッター:https://twitter.com/shinjukuiff

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)