玉の輿に乗る女、そのチャンスとタイミングの見分け方‐敗者復活戦で勝つために‐

この世には「生まれつき良い女」とイマイチな女がいます。殆どの人はイマイチの部分に属しています。このその他大勢グループの女が玉の輿に乗ることがあります。たかじんの後妻さん、アンナニコールスミス、スエーデン王室の元ヌードモデルのソフィア妃、ポール・マッカートニーの元妻ヘザー・ミルズ、モナコのグレースケリーなどなど。玉の輿を狙うチャンスを考えてみます。

出典:https://pixabay.com/en/lady-fifties-princess-monaco-1112832/



続きを読む

■1・男の特性を知る

出典:https://pixabay.com/en/men-sea-people-swimming-trunks-900190/

‐思い込みはソン
男がどんな時に相手を求めるのかをパターンにして考えてみましょう。彼は結婚したいタイプ、浮気癖があるタイプ、真面目なタイプなとと自己流の思い込みと思考停止はそれ以上の情報を採らなくなるので、自分に損です。

‐人間を理解し、次に男
男は男という単一の種族です。そこから国や集団や常識などの行動と反応によって分類されます。男を理解する前に人間を理解する必要が有ります。
その次に性の差と思考と行動を考えます。

‐男は自分の巣を探している
石器時代から、男は外で食べ物を探し、女は巣で子供や年寄りを守りました。これは男女差別ではありません。哺乳類のメスは子供を産みます。妊娠し無防備な状態になると生命の危機に直面します。世界中の男性も女性も「守る」という言葉に無条件に反応するのは、これが原因です。

■2・相手が弱っているときが狙い目

出典:https://pixabay.com/en/field-grass-guy-man-people-trees-691616/

男は小さなことで自信を付けると、とんとんと自分で前に出て行きます。小さなステップを積み重ね、どんどんステップアップしていきます。
人間は新しいものを見たり聞いたりするとビックリし、きょろきょろ真新しい光景を喜びます。初めての海外旅行は珍しく、見るもの聞くもの全てにドキドキします。

これと同じことです。

ある程度新しい世界に慣れると、ほんの少しノスタルジックな感傷を感じます。旅行ならホームシックか新入社員なら五月病という感じ。

女にとって、狙い目はここです。相手の元気がないときに、静かに側にいてくれる、タダそれだけで男は喜びます。
ここが玉の輿のターニングポイント!

■3・調子がよいときには誰もが群がる

出典:https://pixabay.com/en/tie-necktie-adjust-adjusting-man-690084/

バリバリ仕事ができる男性は独身者でも既婚者でも、女性がドンドン寄ってきます。バリバリ仕事ができる女性の周囲には仕事相手しか側に来ません。

オスは仕事とセックスは危険なので別けますが、メスは仕事のできるオスを探します。男に隙が出るのは、おしっこをしてるときとセックスしている時。

調子が良いときにはどんな女性も選び放題ですが、仕事で失敗した時や病気のときには、弱みを見せることを恐がります。
相手の弱みを握る、これが玉の輿の近道です。

相手が弱っているときに頼りになる女、この女が玉の輿に乗れます。

■さいごに

出典:https://pixabay.com/en/son-in-law-cufflinks-black-and-white-636021/

いかがでしたでしょうか。玉の輿を狙うなら男のコンデションを理解することが早道だということをご紹介させて頂きました。人の真似だけをしていると何時までも真似で終わります。自分の目を鍛え、分析を怠らないことが玉の輿ガールです。
あなたのお役に立てれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)