《スキンシップはとっても大事!=子供ともパートナーとも…=オキシトシンを分泌させよう!》

最近「幸せホルモン・セロトニン」はすっかりお馴染みになりましたね。
実は他にも「幸せホルモン」と呼ばれている物質があるのをご存知ですか?

以前は「安心ホルモン」という呼び名のほうがメジャーでしたが、最近は「幸せホルモン」としても扱われています。
その名は「オキシトシン」

どういう効果があり、どんな風に役立つのかをご紹介します。

01

出典:http://data.whicdn.com/images/225298234/large.jpg

続きを読む

《オキシトシンは食べ物からは取れない…》

02

出典:www.amazon.co.jp

大抵の「必要なホルモン」は体内でも作られ、他の食物からも取ることが出来ます。
しかしこのオキシトシンは「食物の栄養素の中には含まれていない」のです…。

ただ、この「安心ホルモン・オキシトシン」は「自閉症の治療薬として効果がある」とここ数年で研究結果がほぼ確定されたので「薬として」は使用されるようになりました。
(まだ治験段階で、一般的な活用はされていません)

《どのような時に体内生成されるのか?》

03

出典:http://data.whicdn.com/images/159935244/large.jpg

オキシトシンには他にも呼び名があり、(主に医学界でですが)「抱擁ホルモン」と言われています。

それは「信頼関係のある相手と触れ合った時、沢山分泌されることから」名付けられているのです。
他に「癒やしホルモン」という呼び方をしている研究者の方もいます。

お互いに信頼し合ったパートナーと抱き合ったり手を繋いだりするとなんだかホッとしませんか?
横になって抱き合っていると安心し過ぎて眠くなってしまった…という経験のある方もいるのではないでしょうか?

パートナーだけではなく、親子関係でも同じことがいえます。

例えば第2子が生まれた途端長子が「赤ちゃん返り」してしまうという話は良くありますよね。
それは「自分の母親の愛情が他の人に奪われる不安」から起きるものです。

乳児がいると睡眠時間も減るし母親業の大変さが倍になるのはよ~くわかりますが
長子には「赤ちゃんが寝たら今度は◯◯を抱っこするからちょっと待っててね!」
と言って少し待っててもらい、あとからしっかりと抱きしめてあげましょう。

そうすれば上のお子さんの脳内でオキシトシンが生成され
「自分は母親に愛されているんだ」
という安心感が生まれ、情緒的に安定します。

他にも
*家族団らんの時間をなるべく持つ(家族間の信頼度を高める)
*感情を素直に表現する(ストレスを溜め込まない)
ようにすることによりオキシトシンの分泌は活発化されます。


《ささいな行動からも分泌される「オキシトシン」!》

04

出典:http://data.whicdn.com/images/225190793/large.jpg

「抱擁ホルモン」と言われてはいますが、それ以外の方法でもオキシトシンの分泌が可能なのです。

それは意外にも「他者に対する親切な行動」だそうです。

電車で席を譲ってあげたり、落し物を拾ってあげたり、といった小さな行動をするだけで脳からオキシトシンが分泌されます。

自分のためにも人のためにも面倒がらずに“小さな親切”をしてみましょう。


《「信頼出来る相手」とお互いに認識していることが不可欠》

05

出典:http://data.whicdn.com/images/200664754/large.jpg

子供もパートナーもいないという方でも
「信頼関係のある同性の友達」に「今めちゃめちゃ寂しいの…ちょっとヨシヨシ、ってしてもらえない…?」
と頼んでハグしてもらったり、自分の家族に甘えられる環境であれば親や兄弟・姉妹にハグしてもらうことでも効果は出ます。

最近は「ソフレ=添い寝フレンド」という”異性同士でも安らぎ合える相手といっしょに眠る”という人たちもいます。
身体の関係は持たない「友達以上恋人未満」であるが故に
「罪悪感も持たなくて済むし、恋愛感情はないので自分か相手に大切な人ができたらソフレの関係はすぐに解消できる。兄妹みたいな感じ。隣に人がいるとやっぱり安心する」
と実際にソフレを持っている人たちは言っています。

しかし、実際に「友達以上のキモチがある相手」と添い寝していて”全くその気にならない男性”と言うのは果たしてどの程度いるのでしょうか…?

ほとんどの人が一人暮らしなので実情はわかりませんよね…。

アナタが「この人なら絶対に大丈夫!」と思える相手がいたら”万一の事も有り得る覚悟で”一度チャレンジしてみるのもアリかもしれません。
(ただし何かあった場合は全て自己責任である事をお忘れなく…)

その人に恋愛感情を抱いてしまっても「ソフレ」である以上他に彼女や好きな人が出来ても何も言えない、ということも頭に入れた上で行動してください。


《セロトニンの分泌も活性化される!?》

06

出典:http://data.whicdn.com/images/223270840/large.jpg

オキシトシンの分泌が活性化されると似たような作用を持つセロトニンの分泌も活発になります。

家族や恋人、大切な友人の様子がいつもと違うように感じたら
アナタの方から「なにか心配事ない?大丈夫?」と声をかけてあげてください。

特に男性は中々自分の彼女に弱みを見せにくいもの。
それを察して声掛けをして上げれば“この人は自分の事をよく見ててくれるんだな…”と彼氏のアナタヘの信頼度も増します。

心穏やかな生活をおくるために、寂しさを感じない・大事な人に感じさせないためにも
オキシトシンの分泌を意識した暮らしをしてみてはいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)