花粉症で悩んでいる全ての方へ ~ヒノキ花粉がピークを迎える時期に行なうことができる対策~

日本で一般に知られている花粉症の原因としてはスギ花粉症ですが、その次に良く耳にするのはヒノキ花粉による花粉症です。いったいヒノキ花粉の飛散のピークはいつ頃なのでしょう?

ヒノキ花粉のピークは、およそ2月の終わり頃から、ゴールデンウィークにかけて続くと言われています。ヒノキ花粉はスギ花粉が終わりを迎える頃から飛散が始まる花粉です。スギ花粉とヒノキ花粉は構造がとても良く似ていますので、スギ花粉が原因で花粉症になる人は、ヒノキ花粉でも花粉症を患う可能性が高いと言われています。

また、自分はスギ花粉症だと思っていたのに、今年は長引いているような気がする、などと思うのであればヒノキ花粉を引き起こしている可能性があります。その場合は一度、花粉症検査の受診を考慮されると良いでしょう。

では、ヒノキ花がピークを迎える時期に、どのような対策を行なうことが効果的なのでしょうか?この記事では花粉症に役立つ点を幾つかご紹介いたしますので、是非参考にしてみてくださいね。

111

[expand title=” 続きを読む ” swaptitle=” ” alt=”next” trigclass=”noarrow”]

その1:ヒノキ花粉がピークを迎える時期にできる対策方法

まず、ヒノキ花粉の飛散は、比較的暖かくなる時期と重なって始まります。4月、5月に飛散のピークを迎えることがありますが、この時期はまだまだ桜がきれいな時期ですし、長い連休もあります。そのため、旅行や帰省、お花見など外出する機会も多くなることでしょう。しっかり対策を行っていなければ、ヒノキ花粉で楽しむどころではなくなってしまうことでしょう。

では、ヒノキ花粉の飛散ピークを迎える時期にどのような対策が効果的なのでしょうか?幾つかご紹介していきたいと思います。

ヒノキ花粉がピークを迎える時期にできる対策①:マスク

k01

出典:http://www.unicharm.co.jp/company/news/2012/__icsFiles/artimage/2012/11/13/cjp_r0212/k01.jpg

ヒノキ花粉も他の花粉同様、花粉を体内に取り込まないようにすることで対策を行ないます。つまり、ヒノキ花粉がピークを迎える時期に外出する際には、マスクをしっかり着用することが大切です。できるだけ、顔にフィットしたマスクを着用し、隙間から花粉が入るのを防ぐ必要があります。

最近では、眼鏡が曇らないマスクや喉の渇きを防止するウェットマスクなど、豊富な種類のマスクを見かけるようになりました。また顔に吹きかけて花粉を取り除くスプレーマスクなども売られていますので、ご自分の好きなマスクを選んで着用してくださいね。

ヒノキ花粉がピークを迎える時期にできる対策②:眼鏡

pl-memask-cl-01

出典:http://image.rakuten.co.jp/a-achi/cabinet/jujubee/pl-memask-cl-01.jpg

花粉症の代表的な症状には、何とも耐え難い目のかゆみや痛みが挙げられます。ヒノキ花粉による花粉症にも同じ症状が見られますので、ヒノキ花粉の飛散がピークを迎える時期には、花粉が目に入らないようにするためのメガネを着用することも重要対策の一つになります。

店頭などでも花粉症対策のためのメガネはたくさん販売されています。デザイン性に優れたお洒落な眼鏡もありますが、目の周りをしっかり覆うことができるゴーグルタイプのものを選ぶことが大切です。

ヒノキ花粉がピークを迎える時期にできる対策③:花粉を家の中に入れない

amline_kafun

出典:http://www.sankyojuken.co.jp/images/kenzai/amline_kafun.jpg

これも、基本的な対策の一つですが、ヒノキ花粉がピークを迎える時期には、家の中に花粉を取り込まないように注意しましょう。換気をしようと窓を開けたままにしたり、洗濯物や布団を外に干したりすると、花粉を知らない間に室内に取り込んでいるということになります。花粉が家の中に入ってしまうと、家の中で花粉症になってしまうことから避けられないということにつながります。ヒノキ花粉の飛散がピークを迎える時期には、花粉が家の中に入らないように、洗濯物は室内干しにするなど注意する必要があるでしょう。

その2:体質改善を行なうと花粉対策になる!

0e993837c7dca5013552abd846cc7889_s

出典:http://totalhealthinfo.com/img/0e993837c7dca5013552abd846cc7889_s.jpg

これまで、ヒノキ花粉の飛散がピークを迎える時期にできる対策方法を幾つかご紹介致しました。これらの方法はヒノキ花粉が飛散する時期に、花粉をできるだけ体内に取り込まないようにするために役立つものですが、ヒノキ花粉症を治すという根本的な解決策にはなりません。ヒノキ花粉による花粉症を避けるためには、これらの対策に加えて、花粉に対する体質改善を行なうことが大切です。

花粉を少しずつ体に取り込む減感作療法や鍼治療、または漢方による治療によってヒノキ花粉に対する体質改善を行なうことができます。これらの方法は、ヒノキ花粉がピークを迎える時期を乗り越えるために役立つことでしょう。

ヒノキ花粉の飛散ピークに備えてしっかり対策を行ないましょう!

本記事において、ヒノキ花粉がピークを迎える時期について、またヒノキ花粉がピークを迎える時期にどのような対策が効果的なのか、ということについて詳しくご紹介させていただきました。参考にしていただけたでしょうか?

ヒノキ花粉も他の花粉と同様、花粉が体内に蓄積されることによって発症します。ですから、ヒノキ花粉のピークに備えてしっかり対策を行なうことが大切なんです。ヒノキ花粉を体内に取り込まないようにくれぐれも注意しましょう。是非この記事を参考にして、ご自分に合った対策を行ってみてくださいね。

[/expand]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)