日本ならではのおいしい珍味グルメ情報

主に郷土料理などで見られる、一般的ではないものや見た目が食欲をそそるものでもないのに、その味はおいしく食用とされているような珍味の数々をご紹介。

tennichi3

出典:http://www.osakafu-chuouichiba.com/ten/2-3/

&ensp

珍味とは

出典:http://www.kouzushi.com/blog/2008/01/post-978.html

珍味(ちんみ)とは、食材自体が希少だったり、外見と味とが全く意に反するなどで、珍しがられる食材を指す。食文化や地域性などから、他の文化圏から見た場合に異質に感じるものも、広義には珍味に分類される。
他文化から見るとゲテモノ料理と言われてしまう分類になってしまうことも。

日本三大珍味

1965596807-700038839

出典:http://www.chinmi-club.jp/item.php?shmsid=130

一般に、日本の三大珍味と言えばウニ(塩うに)、カラスミ(ボラの卵巣の塩漬け)、このわた(なまこの腸の塩辛)のことである。より狭義には「越前の雲丹」「長崎野母の唐墨」「三河の海鼠腸」である。
ウニなどは日本では定番であるが、海外からはなかなか理解、評価されない。

海産物の珍味

a-mehun1-295

出典:http://store.shopping.yahoo.co.jp/sakana-3a/8720-1-ffr.html

めふん
オスの鮭の中骨に沿って付いている血腸(腎臓)を使って作る塩辛で、北海道の名物郷土料理。


karatsuki_hoya02

出典:http://www.yamauchi-f.com/blog/?p=6380

ホヤ
日本では主にマボヤ科のマボヤ(Halocynthia roretzi)とアカボヤ(H. aurantium)が食用にされている。古くからホヤの食用が広く行われ多く流通するのは主に東北地方北部沿岸であり、水揚げ量の多い石巻漁港がある宮城県では酒の肴として一般的。ただし、見た目の特異さから、他地域の人には敬遠されることも。

陸の珍味

日本の陸の珍味として定番は、郷土料理に多く見られる昆虫食などです。
inago_07

出典:http://chikyu-no-cocolo.cocolog-nifty.com/recipe/2011/10/post-10.html

イナゴ
畑などに群がる昆虫の定番。長野の郷土料理などで、佃煮にしてタンパク源として摂取することが多い。土産物などでも。


hati2

出典:http://www.kcn.ne.jp/~mermaid/kaito/etc/hati.html

蜂の子
クロスズメバチの幼虫などを煮て食す。山間部の多い県などで食用に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)