ワントーンカラーでネイルを楽しむ!

こんにちは。3月に入り、ようやく気温も暖かくなってきましたね〜。やっぱり暖かな日が続くと、気分も高揚しますね!
さて、今回は、原点回帰ということも踏まえて、ワントーンカラーのネイルをやってみましたー。

ワントーンカラーは、どうしてもヌーディカラーなどピンク系統などを見かけがち。
なので今回は、グリーン、グレー、そして王道の赤色を塗ってみることに。


グリーンはグリーンでも、『ブルーグリーン』

こちらのカラーは、ロレアルパリから発売されている『カラーリッシュ ル ヴェルニ』というボリッシュ。色はブルーリーフというカラーです。
緑系の色味ですが、どちらかというとブルーグリーンというとぴったりかもしれません。
筆も幅広く、爪全体を覆うように広がるので塗りムラがあまりありません。

落ち着いた色味なので、どのシーンでも使える万能カラーさんだと思います〜。

グレーはグレーでも、Notねずみ色!

NAIL HOLIC GY 009を使ったネイル。グレーですが、ねずみ色というほど明るくはないです。
NAIL HOLICさんにある、艶やかな質感もあり、グレーに挑戦するにはちょうどいい色味になっていると思います。


今回は、クリアのワントーンにしましたが、マットに仕上げても◎
ほかのカラーと組み合わせるなら、定番にピンクやボルドーが◎かな、と。薄いピンクと合わせてあげると、グレーが引き立つので、可愛らしく仕上がります〜。

ワントーンならちょっとハデめに赤色を。

ダイソーさんから発売されているネイルカラー・エスポルール。
ラメレッドというカラーを塗ってみました〜。


一度塗りだとラメ感はあまり出ず、赤色というよりは赤色よりのピンクに。二度塗りでしっかりとしたラメ感と赤が発色されます。
やや水っぽいような塗り心地ですが、その分、爪に感じる圧迫感はあまりないです。
赤色はネイルの王道カラーではありますが、ラメが入っている事によって違った表情になるので、これが百円ショップで手に入るならば挑戦しても良いレベル◎

ワントーンカラーは、高発色orハデめな色が◎

今回、久しぶりにワントーンネイルしてみたところ、高発色orハデめなカラーが、相性◎なのかな、と思いました。
複数のカラーと合わせる際には、ハデな色を使ってしまうとカラー同士で喧嘩してしまう可能性があるので挑戦しにくい時も、ワントーンならば存分に楽しむことができます。
特に、ビビッドなカラーならばマット仕立てのワントーンなど、色の持つ雰囲気を楽しめるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)