派手色はこれで抜け感を作る! 派手色×チークネイル!

ネイルパステルカラーなどふんわりとしたカラーも発売されているなか、私はあえて派手色を選びます、こんにちは!
でも、派手な色ってワントーンでキメちゃうと、やや派手すぎる印象……。

ということで、私はチークネイルで抜け感を作っちゃいます!
今回は、派手色×チークネイルと題してネイルデザインをご紹介します〜!


ブルーグリーン×グリーンで同系色抜け感!

ファッションすべてに言えることかもしれませんが……ネイルでも、同系色でまとめるというのが定番だったりします。
最近では、5本の指に4色くらい入れちゃうデザインもあるのですが……今回は派手色をメインに考えるので、同系色まとめでいきます。

薬指と中指には、ロレアルパリから販売されているカラーリッシュ ル ヴェルニのブルーリーフを。
小指と人差し指は、百円ショップで販売されているリキュールネイルのペパーミントを塗っています。
ブルーリーフがメインの色になるのですが……この色、すべてワントーンで塗ってしまうと、やや重たげな印象になってしまいます。

そこでリキュールネイル ペパーミントさんの出番!
ペパーミントで爪先にかけて濃くなるように、チークネイルにしていきます。
そうするとペパーミントの方がブルーリーフより薄く明るい印象になるので、自然と一つ息の抜けた雰囲気になります。

ボルドー×三角フレンチで抜け感を演出!

ボルドー久しぶりに塗りました……秋以来じゃないですかね……。そういえばネイビーも秋以来塗った覚えがないです…。どうしてもボルドーやネイビーって、秋色な感じがします。
そこで手に取ったボルドー。しかしこのボルドーさんも、ワントーンでキメてしまうと重たい印象に……。

ボルドーは、Visee AVANT 010 DAKOTA REDを、
抜け感を作るために使用したオレンジは、またまた登場、リキュールネイルシリーズ。色はプラムです。
今回はチークネイルではなく、三角フレンチで抜け感を演出してみました。チークネイルより、自爪がはっきりと見えるのでよりスッキリとした印象に。
プラムはひと塗りでもかなり濃いめの色味になるので、よくしごいてから塗ることをおすすめします。

流行にとらわれず、好きな色を

私もそうなのですが、季節によってネイルカラーを変えたりすると気分もまた違ってきますよね。
でも秋冬だから暗色を、春夏だから明色を〜なんてあまり気にしないでいいのかもしれません。
やっぱり、自分の好きな色を楽しむのが1番ですよね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)