1夜限りのスクリーン『星降る町の映画祭with CINEMA CARAVAN』特設サイトで太田監督作品など3作品の予告動画公開!

神奈川県立城ヶ島公園で2017年9月30日(土)に初開催される、入場無料の野外映画祭『星降る町の映画祭 with CINEMA CARAVAN』にて上映される3作品、『大津 city 今恋心』、『巣鴨救急2030』、『浅草スマイル』の予告篇を、9月15日(金)より特設サイトにて公開いたします。


『星降る町の映画祭 with CINEMA CARAVAN』は、三浦半島の最南端、城ヶ島に位置する会場において、目の前一面に広がる太平洋をバックに、これからの日本映画をつくる若手監督たちにより制作された映画を上映する映画祭となっています。
今回、処女作『卒業』でIFF2010優秀賞・観客賞を受賞し、世界12カ国で配給された『わたしたちに許された特別な時間の終わり』の“太田信吾 監督”の作品『大津city今恋心』 をはじめとした、3作品が上映されます。

【星降る町の映画祭with CINEMA CARAVAN特設サイト】
https://star-cinema-festival.com/

【大津 city 今恋心 予告篇URL/太田信吾 監督作品】 

予告編:『大津 city 今恋心』太田信吾監督作品 from 星降る町の映画祭 with CINEMA CARAVAN on Vimeo.

【巣鴨救急2030 予告篇URL/高島優毅 監督】 

予告編:『巣鴨救急2030』高島優毅監督作品 from 星降る町の映画祭 with CINEMA CARAVAN on Vimeo.

【浅草スマイル 予告篇URL/林隆行 監督】 

予告編:『浅草スマイル』林隆行監督作品 from 星降る町の映画祭 with CINEMA CARAVAN on Vimeo.

■上映される3作品の詳細について

●本物のロックンローラーの生き方『大津city今恋心』


1970年代後半、関西を中心に熱狂的な人気を博したあるバンドがいた。その名は「誰がカバやねんロックンロールショー」。しかし、人気の絶頂期にバンドは解散。ボーカルのダンシング義隆(63)は他のバンドメンバーから絶縁関係に置かれ、生活保護を受給しながらロックを続け、暮らしていた。

そんな時、義隆の叔父、河合正雄(77)から義隆のもとに連絡が入る。叔父の正雄は義隆たちのバンドの再結成を熱望していたのだ。正雄と共に、和解を求めて、かつてのメンバーを訪問する義隆。果たして、正雄の願いは叶うのか?

監督は太田信吾。処女作『卒業』がIFF2010優秀賞・観客賞を受賞し、『わたしたちに許された特別な時間の終わり』が世界12カ国で配給されています。

出演:ダンシング義隆・河合正雄・松浦円一郎・Donメグ ほか


●少子高齢化が進行した日本は、どうなる?『巣鴨救急2030』




西暦2030年、超高齢化社会となった日本において唯一、巣鴨だけが経済成長を続けていた。そんな中、巣鴨を訪れていた2人の若者(鈴木裕樹・高松信太郎)が、ひょんなことから重傷を負ってしまう。

すぐに119番で救急車を呼ぶ2人だったが、巣鴨消防署の対応は、なぜか『音声ガイダンス』だった…。一刻も早く救急車を呼ぶため、2人は複雑なガイダンスとの対決を余儀なくされる。音声ガイダンスの裏にある、巣鴨の闇とは!? そして、音声ガイダンスの果てに待っているものとは!?

ドラマ「警視庁・捜査一課長」(テレビ朝日)、「相棒Season13」(同)等刑事ドラマで活躍の他、ドラマ「家売るオンナ」(日本テレビ)、今年秋公開予定の映画「ハピネス」(SABU監督)、10月・11月上演の舞台「関数ドミノ」(作:前川知大・演出:寺十吾)など、気鋭の演出家、作家の作品に意欲的に出演している鈴木裕樹と、お笑いコンビ『火災報知器』のボケ担当であり、ヤンキーキャラ、田舎のおじさん等様々なコントキャラを多彩に演じる高松信太郎が、近未来の「巣鴨」で繰り広げるちょっとシュールなノンストップコメディー。テレビのバラエティ番組スタッフ出身の高島優毅が監督を務めています。

出演:鈴木裕樹、高松信太郎 ほか


●お笑い芸人の夢と絶望と勇気のドラマ『浅草スマイル』




売れない夫婦漫才師・浅草スマイルのボケ担当・すみれ(川村紗也)が、交通事故で記憶障害に。相方である夫・マルオ(篠原篤)は、漫才のネタすらも忘れてしまったすみれと、もう一度舞台に立つことを決意。

そこから一気にスターダムにのし上がり、鳴かず飛ばずだった日々が輝き出すのだが……。芸人としての死を恐れた先の決断に翻弄される、夫婦漫才師の儚く淡い物語。

『第1回未完成映画予告編大賞』の「堤幸彦賞」受賞作品。 夫・マルオを演じるのは、『恋人たち』(15)で第39回日本アカデミー賞 新人俳優賞ほか数多くの賞に輝いた篠原篤。妻・すみれを演じるのは、劇団ユニット「僕たちが好きだった川村紗也」(14) を立ち上げ、自らプロデュース公演を行い、幅広く活躍する川村紗也。監督の林隆行は、CM業界からキャリアを積み、ドラマの助監督を経た映像ディレクター。 感情を揺さぶる演出と一癖ある映像表現が持ち味。

出演:篠原篤、川村紗也、森優作 ほか


■監督プロフィール

太田信吾

(株)デューズ/映画監督・俳優
長野県出身、ソウル特別市在住。1985年9月12日生まれ。早稲田大学文学部にて哲学・物語論を専攻。歴史叙述から零れ落ちるオルタナティブな物語を記憶・記録する装置として映画制作に興味を持つ。処女作『卒業』がIFF2010優秀賞・観客賞を受賞。『わたしたちに許された特別な時間の終わり』が世界12カ国で配給される。他に『解放区』(18年劇場公開)等。


高島優毅

フリー/ネット動画プロデューサー
千葉県出身、東京都在住。1989年2月10日生まれ。高校時代はクイズ研究部に所属して早押しクイズに青春を捧げていたが、大学から何となく始めた演劇にのめりこんでしまい、卒業を危うくする。その後はテレビのバラエティ番組スタッフとなるも、演劇や映画への想いを断ち切れず退職。現在はネット動画の仕事をしながら、自主的に映画を制作している。真面目な性格。

林隆行

(株)ROBOT/映像ディレクター
京都府出身、東京都在住。1988年2月8日生まれ。2011年立命館大学法学部卒業、(株)ROBOT入社。CMのプロダクションマネージャー、ドラマの助監督、映像ディレクターを経て、現在まだ何者でもない。第1回未完成映画予告編大賞において、「浅草スマイル」で堤幸彦賞を受賞。感情を揺さぶる演出と一癖ある映像表現が持ち味。


■「星降る町の映画祭 with CINEMA CARAVAN」イベント概要

『星降る町の映画祭with CINEMA CARAVAN』は、スクリーンで映画を観るだけの映画祭ではありません。天然酵母のパンやマグロ、三浦野菜など、開催地である三浦市の新鮮で美味しい素材をつかったメニューやドリンクが、会場に集まります。星空の下で映画を観ながら、美味しいごはんを食べたり、会話したり。屋根の下の映画館では味わえない、開放的な気分で自由に楽しめる映画体験です。

本映画祭のプロデュースは、関東圏の GW の風物詩となった『逗子海岸映画祭』を企画実施している「シネマキャラバン」が担当。幻想的なライティングや 素朴な手づくりの装飾で非日常な空間を生み出します。さらに、特別企画として「シネマキャラバン」制作による三浦市の地域に根ざした映像も上映。3人のミュージシャンとコラボレーションする、音楽と映像がシンクロしたステージも見逃せません。

当日は、3作品の映画監督による座談会形式のパネル討論会や、一般参加者から質問や意見交換もできるワークショップを開催します。このほかにも、Tシャツやトートバックのシルクプリント体験、島内を巡るスタンプラリー、島の料理教室“星降る町のお食事会”、ダイビング体験、ランイベントの「Runtrip via 星降る街の映画祭 with CINEMA CARAVAN」、島の歴史やフォトスポットをボランティアのガイドの方々に案内してもらえるツアーなど、イベントメニューは盛りだくさん。午前中の開場時間から日没後まで、城ヶ島の魅力を五感で体感できる一日となっています。

■開催日時:2017年9月30日(土) 11:00〜21:00(上映終了予定)
※雨天決行(荒天の場合は中止)
■会場:神奈川県立城ヶ島公園
■入場料:無料
■上映作品:「巣鴨救急2030」「浅草スマイル」「大津city今恋心」
■主催:星降る町の映画祭with CINEMA CARAVAN実行委員会
■協力:京浜急行株式会社、京浜急行バス株式会社
■後援:神奈川県、三浦市、三浦市観光協会、城ケ島観光協会、城ケ島区、城ヶ島漁業協同組合 
■星降る町の映画祭with CINEMA CARAVAN特設サイト: www.star-cinema-festival.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)