麺好き日本人なら好きで当たり前?のビーフン料理

麺好きで、米食民族の日本人ならなじみがあってしかるべきの、米粉の麺食材、ビーフンを用いたおいしい料理の紹介まとめです。

出典:http://www.kenmin.co.jp/recipe/teigi06.html

 

 

ビーフンとは

出典:http://slowlife-sk9.blog.so-net.ne.jp/2012-10-16-01

ビーフン(中国語: 米粉)とは、うるち米を原料とするライスヌードルの一種である。中国福建省や台湾、日本で食べられるものは一般的に素麺のような細長い形状をしており、日本語でビーフンというと普通これを指す。英語ではライス・ヴァーミセリ(Rice vermicelli)と呼ぶことが多い。
日本で食されるビーフンはほぼ太さが決まっているが、東南アジアにおいては極細いものから、日本の饂飩なみに太いもの、シート状のものまで多種のライスヌードルが存在し、その分多くの名称や種類の料理が存在する。

 

出典:https://www.amazon.co.jp/%E6%B0%B8%E8%B0%B7%E5%9C%92-%E4%BA%94%E7%9B%AE%E7%84%BC%E3%81%8D%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%95%E3%83%B3-3%E4%BA%BA%E5%89%8D%C3%975%E5%80%8B/dp/B01488441A

調味料つきで食べやすいようになったものが各メーカーからも販売されています。

 

 

オーソドックスなメニュー

出典:http://www.iimono1.com/i_e_etc/100825_018_bifn/index.html

野菜や肉と一緒に炒めておかず、ないし、米の麺ですので、そのまま焼きそばのように主食として食べることも。
エビ・イカなどの海鮮と炒めるものも多いです。

 

出典:http://www.kenmin.co.jp/recipe/china01.html

 

 

ラーメンのようにも

出典:http://www.kenmin.co.jp/recipe/china04.html

やはり麺類ですので、ラーメンやおそばのように、汁、具材と合わせて、汁麺にして食べるのもよく合います。
ベトナムやタイでも汁ビーフンは定番です。

出典:http://www.kenmin.co.jp/tag/r_product_shiru

 

 

ちょっと変わったビーフン

麺類には違いないですが、クセも少なく、米が元なので、幅広い料理への応用もでき、ちょっと変わったメニューなどもあります。

 

出典:http://tabetayo.seesaa.net/article/42754207.html

カレービーフン
感覚的には米とみなしてのカレーライスのようなものです。

 

 

出典:http://www.kenmin.co.jp/recipe/japan29.html

ビーフン鍋
しらたきやマロニー的具材として鍋に入れてもよく味を吸っておいしいです。
うどんなどの代わりにも。

 

 

出典:http://www.kenmin.co.jp/recipe/19697-2.html

グラタン
これはかなり珍しい、マカロニなどの代わりにビーフンを使ったグラタンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)