あなたはこの漢字を読める?「瓤嚢」 正解すれば1箱10万円の“高すぎるみかん”贈呈!

西宇和農業協同組合は、「瓤嚢」が薄い超高級にしうわみかんプレゼント!!キャンペーンを11月6日(月)より開始致します。キャンペーンの内容は至ってシンプル。下記画像内の漢字の読み方を当てて、ウェブサイトから応募するというクイズキャンペーンです。


賞品は1箱10万円という最高級みかん。クイズの難易度も最高級ですが、ぜひ勝ち取って、極上のみかんをご賞味下さい。また、事前に本クイズに東大生と愛媛県にチャレンジしてもらった結果も発表。なんと、東大生の正答率が0%だったのに対して、愛媛県民は5.7%という衝撃の結果が出ました。

今回のキャンペーンは、「瓤嚢」を特徴の一つとする「にしうわみかん」の認知向上を企図して実施。「瓤嚢」が如何にみかんにとって重要か、また「にしうわみかん」の「瓤嚢」が如何に薄いかを、長年みかんに携わっているJA西宇和営農指導部の宇都宮浩文さんと生産農家の須賀成人さんに伺いました。流通業界での「瓤嚢」の捉え方や、みかん農家にとって「瓤嚢」が常識であることなどをお話いただきました。
また、今年もクレヨンしんちゃんとコラボした企画を実施することとなりました。プレゼントキャンペーンや、TVCMの公開などを行います。

■CP挑戦サイトURL:http://ja-nishiuwa.jp/search/
(正しい読み方を見つけて検索していただくことで、初めて応募サイトに辿り着くことができます。)

■東大生でも0%しか正解できなかった難読漢字問題! 正解すると1箱10万のみかんをプレゼント


11月6日(月)より、至ってシンプルなキャンペーンがスタートします。その内容とは、「瓤嚢」という漢字の読み方を当てるだけ。内容は至ってシンプルなのですが、この漢字、恐らくほどんとの人が見たことがなく、読むことなど到底できないのではないでしょうか。

あの日本の最高学府でおなじみの東京大学の現役学生・OB35名に実際にチャレンジしてもらいましたが、正解率は0%。様々な知識を詰めこんだ東大生でもほとんど突破できなかったこの問題に正解することができる猛者は果たして現れるのでしょうか。


<正解を聞いた東大生の反応>
・センター試験は物理だったので…。(現役東大生・法学部)
・習ってません(現役東大生・薬学部)
・これ賞品あげる気ないでしょww(卒業生・元経済学部)
・皮は剥いて食べる派なので…。(卒業生・元経済学部)
・聞いた事はあったけど文字まではむり。(卒業生・元理学部)
・こういうクイズで一番答えの検討つかなかったかも(卒業生・元経済学部)
・正解させる気がなさすぎてワロタ(卒業生・元法学部)
・次聞かれてもたぶん読めない(卒業生・元工学部)
・皮膚科ですが分かりませんでした(卒業生・元医学部)


悔しさからか問題への批判(?)であったり、問題の難しさを讃えたりするような声が上がりました。この正解率は、改めて今回の問題が、如何に難易度が高いことの何よりの証左と言えそうです。

ちなみに、「みかんの国」愛媛県民に聞いてみたところ、正答率は5.7%と、何と東大生・東大卒業生以上となりました。低い値ではありますが、東大生よりも愛媛県のほうがみかんに関しては詳しいという、県民性が現れる結果となりました。


<正解した愛媛県民の反応>
(正解者)
・分からんなんて愛媛県民ちゃうわ
・たまたま読めよったけど、初めて見よる

(不正解者)
・しっとるけど漢字はしらん
・そもそも<●●●>を初めて知りました。
・こんなもん漢字で書くもんちゃうわ
・長年つくってきたけど初めて見た
・これ<●●●>って読むん?全然知らんかったわー
・<●●●>やか平仮名でしか見たことない
・絶対書けんわ~!
・……全然わからん。
・<●●●>ってあの<●●●>?へ~~!


正解者がいたり、正解はしなくとも「瓤嚢」自体は知っていたりする人が東大関係者より多く、みかんの国ならではの結果が出たと言えそうです。

挑戦は以下サイトから可能です。正しい読み方を見つけて検索していただくことで、初めて応募サイトに辿り着くことができます。ぜひ、自分の「うんちく力」を図るために、トライしてみて下さい。

■キャンペーン挑戦サイトURL:http://ja-nishiuwa.jp/search/


<ヒント>
・賞品は1箱10万円もする「みかん」。更に広告のデザインを見てみても、「みかん」関連であるのは間違いない?
・賞品のみかんは、「瓤嚢」がめちゃくちゃ薄いというデータも。「厚みがあるもの」ということ?


■賞品に関して:漆箱入り・1箱10万円の最高級みかん


みかんの国・愛媛県の中でも“最高級のみかん”を今回のキャンペーンのプレゼントとしてご用意しました。その価格は、なんと12玉で10万円。漆塗りの重箱に和紙で包んだ最上級産地の最高級品を入れ、さらに桐箱に収めてプレゼントします。難関を突破するモチベーションを焚き付けるのに十分過ぎる賞品です。

<何故ここまで高級なのか>
みかんの“二重選別”という特別な行程を経て選別しているため、みかんの中でも希少性の高い非常に状態のよいものをピックアップ。プロの技、みかんの希少性を考慮し、こうした価格設定となっています。

①センサーによる選別
まずみかんの黄金比と言われる「糖度13度、酸1度」だけの果実をセンサーで選別します。
実はみかんはただ甘ければ美味しいというわけではなく、程よい酸度も重要です。

②プロの目と手による厳選作業

①で選別されたみかんをさらに手作業でチェックします。みかんの国・愛媛のプロの目と手で選び抜かれた珠玉の12玉を、1玉ずつ和紙で包み、箱詰めしていきます。
※通常は機械による選別


<圧倒的な希少性>
今回の賞品となっているみかんは、収穫された中から約0.00016%(60万玉に1玉)の確率でしか収穫できないみかんです。
完全無傷(ありそうでなかなかない)、食味最高、着色・紅ノリ最高という、みかんを選別する上での指標全てが完璧な状態な、極めてレアなみかんです。

<最高級みかんの特徴>
内袋のとろけるような食感、外皮のきめ細かな滑らかさ等、圧倒的な総合力を持った、最高のみかんです。

■今年もクレヨンしんちゃんとコラボ!


上記のキャンペーンに加えて「クレヨンしんちゃん」とコラボしたキャンペーンもスタート。2017年11月1日(水)~4月30日(月)の期間で、プレゼントキャンペーンを実施します。

■キャンペーンサイトURL:http://ja-nishiuwa.jp/campaign/


クイズに答えて当たる!!コースでは、「クレヨンしんちゃんにしうわみかん」をプレゼント。5kgのみかんを、クレヨンしんちゃんとコラボしたスペシャルな箱に詰めてお届けします。簡単なクイズにお答え頂くだけで応募ができ、毎月100名様・合計600名様に賞品をプレゼントします。
※時期によっては賞品はみかんではなく旬のフルーツや100%ジュースになります。

「商品を買って当たる!!コース」には、2つの賞をご用意。「ワンダフルーツ賞」では、毎月200名様に、季節に応じた西宇和 旬の特選品をプレゼント。「しんちゃん賞」では、合計500組様に2018年公開のクレヨンしんちゃん最新映画、「映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ~拉麺大乱~」の親子ペア鑑賞券をプレゼント致します。こちらはにしうわみかん、にしうわフルーツ(甘平、せとか、清見。富士柿など)をご購入いただき、付属の応募券をご用意頂くことで、応募できます。



※応募情報の詳細はキャンペーンサイト(http://ja-nishiuwa.jp/campaign/)をご確認下さい。

更に、TVCMも公開。にしうわの農家のみなさんと、みかんの被り物をしたしんちゃんを始めとした野原家の面々がコラボ。ほのぼのとした雰囲気と共ににしうわみかんの魅力をお伝えします。

■CM:15秒Ver.

■CM:30秒Ver.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)