そのまま食べても料理に使ってもおいしい高級魚卵の数の子(かずのこ)

日本人の好きな魚卵の中でも高級で祝いの席などに出される数の子のおいしい料理の数々をご紹介。

出典:https://fujimuraya.com/shopping/shop/osechi/k0022.html

数の子(かずのこ)とは

出典:http://zatugaku1128.com/kazunoko/

数の子(かずのこ、鯑)とは、ニシンの魚卵である。
語源は「かどの子」の訛りである。近世までニシンを「かど(カドイワシ)」と呼んでいたことの名残である。メスの腹から取り出した卵の塊を天日干し又は塩漬けしたものを食用とする。ニシンの卵一粒一粒は細かいが、無数の卵が相互に結着して全体としては長さ10cm、幅2cm前後の細長い塊となっている。価格が高く、黄金色をしていることから黄色いダイヤの別名がある。

食用

出典:https://www.oisix.com/shop.osechi–cont-kazunoko__html.htm

日本の市場で流通しているものは、干し数の子、塩蔵数の子、味付け数の子に分類され、一般には味付けより塩蔵、塩蔵より干し数の子の方が高級なものとして取扱われている。干し数の子や塩蔵数の子は通常そのままで食べるのではなく、水戻しや塩抜きをしてから食用とする。
日本国外では、カナダ、アメリカ合衆国アラスカ州、イギリスのスコットランド、ロシアなどで水揚げされるニシンから数の子が作られ、日本もこれらの地域産のものを輸入している。

そのままの形で食用

数の子自体プチプチプリプリと食感・味ともによく、多くの場合、そのままの形で楽しみます。

出典:http://www.kitanogurume.com/item/ikura_4.html

塩抜きした数の子にかつおぶしを添えて

出典:http://hokushinichi.jp/34.html

調味液につけて、味付き数の子にも

出典:https://www.sato-suisan.co.jp/slow_food/sfstory_08.html

寿司
珍しい高級寿司です。コリコリ食感が楽しめるよう、また握りやすいよう、大きめのネタが乗ります。

料理利用

数の子自体にいい味があるので、バラして調味料のごとく料理に使ったりもします。

出典:http://www.yamashitasuisan.com/item/ym4008/

松前漬け
海産物を使った高級漬物です。各具材が深い味を出してたまりません。

出典:http://blog.goo.ne.jp/1008kotarou/e/fc6a395420d6f01495aac338e21dcd09

和え物
サラダ風に野菜などと和えて。ドレッシングなどは薄めでもしっかり味がします。

出典:http://hitomipooh.seesaa.net/article/137482126.html

パスタ
魚卵なので、明太パスタのように、数の子をまぶしてパスタ料理にもよく合います。

出典:http://kerochan23.blog.fc2.com/blog-entry-1458.html

天ぷら
これは珍しい!コリコリ食感をうまく活かしたまま揚げ物に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)