「カラダのミカタ」高校生シンポジウム スペシャル動画が公開!ゲストとして澤穂希さんも登壇

バイエル薬品株式会社・公益社団法人ガールスカウト日本連盟・慶應義塾大学SFC研究所健康情報プラットフォーム・ラボは、『バイエル カラダのミカタ 高校生シンポジウム』を2017年12月17日(日)に開催しました。更に、シンポジウムまでに至る過程や、実行委員の高校生や大学生が真剣に女性のカラダについて向き合う様子をまとめたスペシャル動画を公開しました。


動画では、実行委員の高校生や大学生がシンポジウムに向けて真剣に取り組む様子や、シンポジウムのためのメッセージソング「ココロとカラダの歌」を歌う様子を収録。メッセージソングの歌詞は、女性のカラダや生理についてもっと知ってもらうために、わかりやすく・覚えやすく・伝わりやすい内容を、実行委員たちが議論し決定しました。
シンポジウムには澤穂希さんがゲストとして登壇。世界のトップフィールドで活躍し続けてきた女性の代表格でもある澤さんの講演に、参加者は聞き入っていました。

スペシャル動画

■バイエル カラダのミカタ 高校生シンポジウムとは

「バイエル カラダのミカタ 高校生シンポジウム」は、次代を担う高校生や大学生が、夢や未来のキャリアプランを実現するために、より早期から女性のカラダや健康について正しく理解することが重要であると、同世代を含む周囲の方々に発信、ともに考えるきっかけになることを目的としています。2回目の開催となる本年のテーマは「ここぞというときのために知っておきたい女性の体と健康のこと」。受験や部活の試合など、最大限の実力を発揮するためのカラダづくりを応援します。

「バイエル カラダのミカタ 高校生シンポジウム2017」
日時:平成29年12月17日(日) 13:00~16:00
場所:昭和女子大学「コスモスホール」(東京都世田谷区太子堂1-7-57)
内容:■第一部
講演「パフォーマンスを高めるために知っておきたい女性のカラダと健康のこと」
     女性ライフクリニック銀座院長 対馬ルリ子先生

     ■第二部
・ゲスト講演「ここぞというときに最大限の実力を発揮するために大切なこと」
澤穂希さん
     ・パネルディスカッション
 女性ライフクリニック銀座院長 対馬ルリ子先生
      慶應義塾大学SFC研究所上席所員 本田由佳先生
      実行委員
      ・宣言 歌披露 実行委員・来場者
      ・表彰式 実行委員

主催:バイエル薬品株式会社
共催:公益社団法人ガールスカウト日本連盟
     慶應義塾大学 SFC研究所 健康情報プラットフォーム・ラボ
協賛:オハヨー乳業株式会社
     オムロン ヘルスケア株式会社
     ドコモ・ヘルスケア株式会社
     森下仁丹株式会社
後援:全国高校学校長協会家庭部会
     全国養護教諭連絡協議会


■「カラダのミカタ」女性の健康サポートプロジェクトとは?

本ウェブサイトでは、女性の人生には欠かせない女性のライフステージと健康に関する基礎知識や、
現代女性の生理との付き合い方に関する情報をお届けしています。
■「カラダのミカタ」女性の健康サポートプロジェクト
特設サイトURL:https://www.karadano-mikata.jp/index.html

■「カラダのミカタ」女性の健康サポートプロジェクトとは?

バイエル薬品株式会社について
バイエル薬品株式会社は本社を大阪に置き、医療用医薬品、コンシューマーヘルス、動物用薬品の各事業部からなるヘルスケア企業です。医療用医薬品部門では、循環器領域、腫瘍・血液領域、ウィメンズヘルスケア領域、眼科領域、画像診断領域に注力しています。コンシューマーヘルス部門では解熱鎮痛剤「バイエルアスピリン」をはじめ、アレルギー性疾患治療剤や皮膚科領域に注力しています。動物用薬品事業部は、動物用医薬品の提供を中心にコンパニオンアニマルおよび畜産動物のヘルスケアに貢献しています。同社は、「Science For A Better Life」というミッションのもと、技術革新と革新的な製品によって、日本の患者さんの「満たされない願い」に応える先進医薬品企業を目指しています。詳細は、www.byl.bayer.co.jp/をご参照ください。

公益社団法人ガールスカウト日本連盟について
ガールスカウトは現在150の国と地域で約1,000万人の会員が活動している、世界最大の少女と女性のための団体です。自然体験活動や地域社会との関わり、世界的課題への取り組みなどの体験によって、自ら考え行動する力、リーダーシップ能力、高い自己肯定感などが身に付き、世界的視野を広げる機会を得られます。ガールスカウトは少女と女性の視点に立って、より幸せな社会と未来のために責任ある世界市民として行動できる女性を育てています。詳しくはhttp://www.girlscout.or.jp/をご参照ください。

慶應義塾大学 SFC研究所 健康情報プラットフォーム・ラボについて
慶應義塾大学 SFC研究所 健康情報プラットフォーム・ラボは、個人の健康に関する情報を蓄積し、それを適切に利用した様々なサービスを提供できるクラウドシステムの構築や、人の健康・医療システムから得られる情報を総合して、質の高い健康管理サービスを提供する仕組みをつくることを目的として活動しています。さらに今年度は「高校生の笑顔を増やすプロジェクト」として、インターネットを利用して、高校生が感じる身近な健康・カラダの声を集め、健康課題を見える化し、高校生の健康課題の解決策を考える取りくみも実施しています。詳しくはhttp://bit.ty/2zUO7ouをご参照ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)