超激ムズ宝探し「九十九(くじゅうく)島(しま)からの挑戦」始動!九十九島の名産品ほか、最高金額99万円!

九十九(くじゅうく)島(しま)PR戦略推進事業部は、2018年1月30日(火)より、佐世保市公式の宝探し企画「九十九島からの挑戦」を実施いたします。実施に伴い、宝探し告知動画も公開いたします。


本企画は、2018年1月30日(火)から2月19日(月)の計21日間、ドローンで撮影した九十九島の景観を舞台に、専用WEBサイト上で開催される「宝探し大会」です。ユーザーは自身のスマートフォンで、九十九島や佐世保市などの美しい絶景が映された映像内に隠されている「宝(99のマーク)」を見つけ出し、タップすることで、早い者勝ちで獲得することができるという内容となっています。お宝の内容は、99万円ほか、九十九島とらふぐ・佐世保バーガーなどの九十九島の各種名産品、どう使うか困惑してしまう九十九島観光課長等身大抱き枕や九十九島カキビキニなど、バラエティ豊かなお宝をご用意しています。

<「九十九(くじゅうく)島(しま)からの挑戦」公式サイトURL>
https://99shima-takarasagashi.com

<『九十九(くじゅうく)島(しま)からの挑戦』告知ムービー Youtube>

■「九十九(くじゅうく)島(しま)からの挑戦」概要


名称:九十九(くじゅうく)島(しま)からの挑戦
日時:
2018年1月30日(火)~2月19日(月)
第一回宝探し:2018年1月30日(火)~2月5日(月)
第二回宝探し:2018年2月 6日(火)~2月12日(月)
第三回宝探し:2018年2月13日(火)~2月19日(月)
映像場所:九十九(くじゅうく)島(しま)

参加方法:
スマートフォンから専用WEBサイトにアクセスし、宝探し動画を閲覧。

宝のありかである99のマークを発見したら、マークを指でタップ。

タップした箇所が正解の場合、宝が表示されます。

宝は早い者勝ちで獲得となります。
難易度の高い隠し場所には、豪華な宝が隠されています。
※各回で獲得できる宝は1人1つになります。

宝について:
第一回~第三回それぞれに33個、合計99個の宝をご用意。
99万円ほか、九十九(くじゅうく)島(しま)・佐世保市の特産品や、使いどころに迷う九十九島の観光課職員、
佐世保市役所職員愛に溢れたグッズなど、九十九島の“お宝”をゲットできます。

宝一例
99万円、9万9千円、九十九(くじゅうく)島(しま)・佐世保市の特産品、九十九島観光課長抱き枕、九九早見表(九十九島観光課長限定デザイン)、九十九島観光課長サイン入りプロマイド写真、スペシャルカキビキニ、佐世保市役所の皆様からの寄せ書き、九十九島絶景ワンピース、九十九島絶景カーテン など…
※一部画像はイメージです。



【賞金99万円】


【高級とらふぐ刺身・鍋セット】


【九十九(くじゅうく)島(しま)絶景カーテン】


【九十九(くじゅうく)島(しま)絶景カーテン】

■九十九(くじゅうく)島(しま)について


九十九(くじゅうく)島(しま)は、佐世保港外から北へ、平戸までの約25kmの海域に広がる、複雑に入り組んだリアス海岸と208の島々が織りなす群島の総称で、島の密度は日本一となっています。
人が住む島は4島のみ、他はすべて無人島であり、ほぼ全域が1955年に西海国立公園に指定され、豊かな自然が今も変わらず残されています。
海岸線の80%以上が自然海岸のまま保全されており、その距離は288.5kmに及び波静かな浦々は多様な生きものたちの棲家にもなっています。
陽ざしの変化と共に刻々と表情を変える島々と、季節ごとの花や鳥たちが彩りを添える景観は、何度訪れても飽くことのない感動を与えてくれます。
なお、九十九島の一つ「黒島」は世界遺産候補である「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産に選ばれています。

【九十九(くじゅうく)島(しま)紹介サイトURL】
https://www.sasebo99.com/kujukushima/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)