美人の秘訣?!腸のヒミツ

ただ食べ物をそのまま消化してくれる器官だと思ったら大間違い。消化と栄養吸収をするだけでなく、実は肌の美しさや心の健康にも携わっている腸。元気なおなかで腸内美人を目指しましょう。

おなかのトラブル抱えていませんか?
下腹がぽっこり、おなかがいつも張っている、脂肪がついてぷよぷよ。あなたのおなかはどうですか?おなかのトラブルは、体全体のむくみを引き起こすことも。

2

1 腸ってスゴイ!第二の脳

腸には体内で脳の次に多い、1億個以上の神経細胞があるんです。なので独自の判断で活動することができ、第二の脳と呼ばれています。幸福な時に体内で産生されるセロトニンという幸せホルモンは脳で2%、なんと腸で98%作られていることもわかっています。腸内環境を整えることで、精神的なバランスも保つことができるんですね。

2 腸が悪くなるとどうなるの?

便秘や下痢はよく知られている腸の不調ですが、そのほかにも集中力がなくなる、うつ、ヒステリック、不眠など精神面にも強く影響しているんです!おなかのなかからキレイになって気持ちも晴れやかにすごしましょう。

3 キレイなおなかのために今日からできること

まずは食べ物。腸内細菌が元気でなければ、消化もうまくいきません。ヨーグルトなどのビフィズス菌も、生きて届いて「定着」すればよいですが、なかなか定着するのは難しいので自分の体内にもとからいる菌を育てていくことが大切です。腸内細菌のエサになるのは食物繊維です。野菜や玄米、フルーツを摂って元気な菌を育てましょう!

2

4 ライフスタイルにもコツが。

実は腸の蠕動運動は睡眠中に活発になります。特に成長ホルモンが出る22時~2時までの時間は重要。早寝早起きを心掛け、規則正しく生活しましょう。また、運動も大切です。全身の血流をよくし自律神経の活性にもつながります。まずは朝、いつもバスに乗る時間を歩いてみたり、少しずつライフスタイルを変えてみましょう。

5 入浴は体のオンオフを切り替えるスイッチ

人の体には興奮をつかさどる交感神経と、反対にリラックスを促す副交感神経があります。朝は熱いのシャワーで交感神経をスイッチオン、夜はぬるめの腰湯で暖まり副交感神経にシフト。湯船でおなかのマッサージも効果的です。

2

6 食事のタイミングも大切。

栄養学的には朝食から夕食までが12時間で収まれば、体は持って生まれたリズムで動き代謝がスムーズになるといわれています。朝はしっかり、夜は軽くが負担も少なくベストな食べ方です。消化の負担になる脂質、過度の炭水化物や小麦製品。化学調味料たっぷりなスナック菓子はほどほどに。

これであなたも腸内美人!
いかがでしたか?いくらメイクをしたりダイエットをしても、体の中が元気でなければお肌の調子だって整わないし、気持ちもどんよりとしてしまいます。自分の体を知り、大切にすることで内側からキレイを目指しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)