運動はイヤ!でもダイエットしたい!ラクしてダイエットならストレッチがオススメ

ジョギング、縄跳びなんてイヤ!
キツイ運動は嫌だけどダイエットはしたい!
そんなわがまま女子にオススメしたいのが「ストレッチ」
いかがですか?ストレッチならあなたもできませんか?(笑)
というよりもストレッチもイヤと言われたらもうダイエットを諦めるしかないのかも…
実は効果抜群のストレッチを生活に取り入れてラクしてダイエットを始めましょう。

ストレッチ1

出典:http://www.microdiet.net/images/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%811.jpg


■一日の目覚めに肩甲骨を刺激しよう

0210124

出典:http://health-to-you.jp/wp/wp-content/uploads/2014/02/0210124.jpg

簡単なストレッチですが取り入れるポイントがあります。
今回、その大事なポイントをおさえてしっかり効果を実感していきましょう。
まず、一日の始まり、朝に肩甲骨を刺激します。
朝の目覚め促進効果もあります。
また、朝少しの運動が一日の代謝アップ効果にも繋がります。
そのために肩甲骨を刺激することがオススメなのです。
朝寝起きの状態から四つん這いになり、両肩を持ち上げ肩甲骨同士を近づけるように意識しましょう。
10秒キープして、息を吐きながら元の位置に肩を戻します。
これを10回繰り返します。
以外に、翌日肩甲骨周辺が筋肉痛になるくらい、肩甲骨周りは普段使わない筋肉です。
また、肩甲骨周辺の筋肉をほぐし、血行促進効果に期待大なんです。
体内の循環が良くなり、1日の代謝に繋がるのです。
まず、朝は肩甲骨ストレッチで代謝を上げてあげましょう。


■午後は頑張って腹筋ストレッチ

ダウンロード

出典:http://4healthcare.jp/img/00073/

運動嫌いのあなたに「腹筋」は大きな負担に感じるかもしれませんが、1日の中でこの午後の運動が一番ハードなストレッチです。我慢してください。
午後は、目覚めている時間帯ですよね?
腹筋といっても会社で簡単に取り入れられます。
椅子に座りながら、背筋を伸ばし、お腹に意識してください。
息を吸いながら、お腹を思いっきり引っ込めます。
ここで息を止め、お腹引っ込めたまま5秒キープ。
息を思いっきり吐きながら、お腹を緩めます。
10回繰り返し、少しずつ回数を増やしましょう。
この簡単腹筋運動で、腸内が刺激され便秘解消効果が期待できます。


■1日の終わりが一番の狙い目!

四つん這い

出典:http://bust-up-blog.com/wp-content/uploads/2015/01/%E5%9B%9B%E3%81%A4%E3%82%93%E9%80%99%E3%81%84.jpg

そして1日も終わり、お風呂で汗を流した後がポイントです。
入浴後は元々血行が良くなっています。
そこで腰と背中、そしてムチムチの太ももダイエットを取り入れましょう。
朝の肩甲骨ストレッチ同様、四つん這いの状態になります。
そこで、腰と背中を刺激していきます。
四つん這いの状態から、息を吸いながらゆっくり首を背中の方へ上げていきます。
この時腰がピンと張っていることを感じましょう。
10秒キープしながら、息を吐き今度は首をお腹の方へ向けます。
おへそを見る感じで、この時お腹を持ち上げるようにしましょう。
5秒キープして元の位置に戻し、繰り返しましょう。
そして太ももは徹底的に揉みほぐしていきます。
体が温まっている状態で、膝の付け根から脚の付け根に向かって脂肪を流すイメージで揉み揉み。
太ももの肉は固くなっていて、柔らかくすることが大事なのです。
心を落ち着かせながら、気持ちのいい力でゆっくり揉みほぐしていきましょう。


■ストレッチのポイント

ストレッチ

出典:http://r-yakuzaishi.net/blog/wp-content/uploads/2013/03/24b46cc0e76ed3de6129a866719690a3.jpg

簡単な運動だからこそ、ポイントが必要です。
朝、いきなり激しい運動は続きません。
ラクに続けられる肩甲骨ストレッチがオススメです。
午後に少しきつめの運動を取り入れたら、入浴後の温まった状態で揉みほぐすことが大事!


■ストレッチを取り入れる際の注意

111016easystretch-thumb-420x281-29553

出典:http://www.lifehacker.jp/assets_c/2011/10/111016easystretch-thumb-420×281-29553.jpg

どんなダイエットでも続けることが大事なのです。
軽めの運動でも、体に負担がかかるくらいの時間取り入れるのはやめましょう。
痛みを感じた場合は休むことも大事です。
自分の体の状態に合わせて、回数を増やすことは効果に繋がりますが、ただ負担になるようなら効果は実感できません。
しっかり、体の状態を見ながら取り入れていきましょう。


■まとめ

とっても簡単ストレッチダイエットはいかがでしたか?
楽しく効果を実感しながら、美ボディを手に入れましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)