こだわりが強い男性の生態とは?

こだわりの強い男性ってかっこ良く見えるものですよね。自分の世界観を持っており、独自の視点で物事を語る姿は魅力的なことでしょう。でも、このようなタイプには注意した方がいいのも事実です。今回は、こだわりの強い男性を止めるべき3つの理由をご紹介いたします。

gazou 49

出典:http://chelseagirl-m.blogspot.jp/


【1】「他人の気持ち」への興味が薄い

gazou 50

出典:http://chelseagirl-m.blogspot.jp/

そもそも「こだわり」とはさまざまな物事に対し、白黒ハッキリと「良い・悪い」の判断を下すことです。ここに他人の意見はあまり関係有りませんね。つまり、こだわりが強い人というのは自分の世界観を大切にしていると言えます。このような人は、相手の気持ちを重要視していないのです。一方で、自分に対する興味が強いと言えます。

つまり、こだわりの強い人と結婚するということは「相手の気持ちを知りたい。共感したい。」という想いが薄い人と過ごすということ。相手の都合や考え方より、自分の価値判断を優先している人ですから、次第に寂しさを感じるようになるかもしれません。


【2】こだわりは「本質」ではない

gazou 51

出典:http://chelseagirl-m.blogspot.jp/

何かにこだわりのある人は、その分野のイメージが強くなります。そのため、彼の性格や本質が見えにくくなってしまうのです。例えば「彼ってどんな人?」と誰かから聞かれた際の答えを想像してみて下さい。「釣りが好きな人だよ。」「車に詳しい人。」などで、十分な答えになってしまうのです。

こうした「こだわり」は、彼の人間性を表しているとは言えません。つまり、あなた自身も彼の本質を冷静に考えることがないまま、彼を理解したような気分になってしまうというわけです。彼を「○○にこだわりのある人」だけで片付けてしまうのは止めましょう。そして、「何かにこだわりを持つ人」がどのような人間性の持ち主なのかを考えてみて下さい。実は、「こだわり」にかこつけ自分の意見ばかりを押し通そうとしている、横暴な人かもしれませんよ…。


【3】頑固な人が多い

gazou 52

出典:http://chelseagirl-m.blogspot.jp/

「こだわり」というぐらいですから、頑固者が多いのも事実。いわゆる「マイルール」を大切にしています。最初は彼の価値観が面白く感じることでしょう。自分をしっかり持っていて頼もしく見えるかもしれません。でも、結婚し毎日過ごすのは至難の業だと言えます。どんなに意見の一致が多い2人でも、必ず意見が食い違うときが出てきます。結婚式の人数、雰囲気、料理などですら多くの考え方があるのです。さらに子育てとなればなおさらでしょう。

こうした数々の選択の場面で、彼は「絶対に自分が正しい」と思っているにちがいありません。あなたは、例え自分が正しいと思っていても毎回彼に従う事が出来ますか?その覚悟がない限り、このようなタイプの男性と添い遂げることは出来ないと言えるでしょう。


まとめ

いかがでしたか?こだわりの強い彼のことを、「彼は○○にしかこだわらない人」だと考える人もいるかもしれません。しかし、このような性質は彼の本性の一部が表出したものだと考えられます。つまり、長年過ごすうち次第に他の物事にもこだわりが出てくる可能性が高いのです。みなさんも、自分の彼を今一度冷静に観察することをお勧めします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)