タトゥー!!船乗り人生のパスポートがオリジナルアイデア

 海外でも日本国内でも、タトゥーはファッションの位置を確実に占めています。オリジナルは海外船の船乗りが、ニュージランドのマウリ族の刺青を真似したことから。
費用と痛みで途中でギブアップした、大失敗のタトゥーを見せている人も・・・。

man-769457_640


[expand title=” 続きを読む ” swaptitle=” ” alt=”next” trigclass=”noarrow”]

◆トライブタトゥーのはじめ

出典:http://www.tatouage-maori.com/histoire.jpg

 日本では刺青や彫り物と言う言葉が有り、諸外国のタトゥーとは全く違うものだとも言われています。ここでは一般的なタトゥーと言う言葉で表現させて頂きます。

 
ニュージーランドのマウリ族はヨーロピアンが来るまでは、書き言葉を持っていませんでした。彼らは成人の部族の一員として認められ、初めてタトゥーを自分の体に記す事を許されました。
タトゥーは個人の人生の記録でした。

ヨーロッパから来た船乗りは、マオリ族のタツゥーに大変魅せられました。何が起きるか判らない海を渡った人間が、自分だけの人生の記念を体に標したいと願ったのが起源です。

 マオリ族にとっては自分の全て、誰にも恥ずる事が無い毎日を送った記録でした。


◆タツゥーを入れる時期とは

出典:http://www.tatouage-maori.com/homme.jpg

誰の許可も要らない大人がすることですから、何時でもタツゥーを入れたいなと思ったら入れる事は可能です。
綺麗なラインを入れたいと願うなら、肉体が成熟してから。しばらく皮膚とその下の筋肉を休ませられるコンデションを必要とします。
タツゥーの完成までは、通常のライフスタイルを多少変更しなければ成りません。

‐後悔する前に
• 金で買えるものは飽きる
• 皮膚を休ませられる(格闘技をしない・ラインが滲む為)
• 炎症を起こさせない体力
• 日光を避ける(発色を良くする為)


◆ボディスーツ(全身)

maori-89317_640

 タツゥーを全身にする事をボディスーツと呼びます。
独りのアーティストが完成するまでを担当する場合と、その時々の自分の親しいアーティストに委ねる場合があります。
タツゥーアーテイストからは、全身をデザインするのは素晴らしいチャンスで、誇りです。

お金さえ払えば手に入ると考えるクライアントは、タツゥーアーテイストをコロコロ変える傾向があります。


◆ポピュラータツゥーあれこれ

girl-91130_640

 トランプスタンプ

 お尻とウエストラインの間、トライアングル型のタツゥーを指します。前かがみになるとジーンズが下がり 、タツゥーとストリングを見せます。このポーズで、どう?と誘うセクシー効果を発揮します。

 タツゥーのパターンや部分は、自分自身で選択します。どのタツゥーパターンを選択し、体のどの部位にするかだけで、当人の自己イメージを簡単に読み取れます。
 聞こえの良い自己アピールと言う言葉は、当人の欲求を丸出しにする効果が有ります。

 男性の同じ部位のタツゥーを、トラッシュスタンプと称します。


◆まとめ

man-569099_640

マウリ民族の誇りの象徴は西洋の船乗りに影響を与え、それが現在のタツゥーファッションとなりました。
多くの民族には刺青文や身体加工の文化があり、所属する部族を示す印でした。
現在でも、個人の自己イメージの表現とされています。

[/expand]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)