関西で一度は行きたい鳥カフェ特集

動物達とのふれ合いは現在のストレス社会を生き抜く私たちにとって、ほっと一息つける至福の時です。そのせいか、最近では猫カフェをはじめ、うさぎカフェや鳥カフェまで出てきました。今回は、少しマニアックかもしれないけれど、ほ乳類達には負けずとも劣らないコアなファン達がいる、鳥カフェを関西からお届けします。

出典:https://twitter.com/tuukiya


続きを読む


文鳥アイスが食べられる。ぽこの森

出典:http://www.yelp.co.jp/biz_photos/%E3%81%A8%E3%82%8A%E8%A6%8B%E3%82%AB%E3%83%95%E3%82%A7-%E3%81%BD%E3%81%93%E3%81%AE%E6%A3%AE-%E7%A5%9E%E6%88%B8%E5%B8%82-2?select=lQRkDcBH-wBJch4r_qt8nw

関西でまず紹介しなければならない鳥カフェといえば、ぽこの森です。ここではたくさんの種類のインコや、文鳥、錦花鳥といった小鳥たちがお出迎えしてくれます。

昔は大阪市内にありましたが、現在では六甲の王子動物園の近くへと移転しました。このぽこの森で話題なのが、なんといっても、文鳥フレーバーとインコフレーバーのアイス。

もちろん、文鳥さんが材料に入ってる…なんて恐ろしいものではなくて、文鳥が好きなナッツ類をふんだんに使ったアイスです。

ただ、非常に気になるのが、食べた人がみなさん、文鳥ってこういう匂いするよねーと、うんうんと納得してしまう所。どうやら、飼ってる人にはわかってしまう、文鳥さんの匂いがアイスには付けられているそうです。インコも同じようなので、文鳥もしくはインコを飼っている人は一度は食べておく必要があるでしょう。


フクロウ好きは行ってみて。南森町、フクロウのみせ

出典:https://www.flickr.com/photos/62942199@N08/12586355625/nearby/?by=everyone&taken=aroundthen&sort=distance&show=detail&page=5

次にご紹介したいのが、鳥の中でも特に人気の高い、フクロウに出会えるお店です。大阪市の南森町にあるフクロウのみせには、なんと大きな存在感のあるフクロウから、手のひらサイズで小さくてかわいいフクロウまで色々なフクロウとお近づきになれます。

西日本ではじめてフクロウカフェをはじめたのも、このフクロウのみせです。このお店ではフクロウ達のことも大切に考えられていて、しっかりとしたスケジュール管理のもと、フクロウ達に負担にならないような配慮がなされています。

遊びに行く方としても、安心ですね。店内にはフクロウグッズもふんだんにあり、一度遊びに行けば、食事代だけでなくて、お土産代にも結構かかってしまうかもしれません。

おいしい珈琲も一押し。木と小鳥カフェ

出典:https://twitter.com/tuukiya

最後にご紹介したいのが、大阪府枚方市にできた、木と小鳥カフェです。ほとんどの鳥カフェが鳥を売りにしているのに対して、この木と小鳥カフェは鳥さんはもちろんのこと、カフェとしての本分も忘れておらず、店主の一押しは自家焙煎珈琲。一番おいしい2~4日目のものを使った珈琲です。

そして、ちょっと鳥カフェらしいけれどとっても健康的な小松菜スムージー。食べるコーヒーゼリーやフルーツあんみつ、果てはパスタと普通のカフェとしても十分なほどのラインナップです。

ここのカフェでは鳥とふれあうというよりは、ガラスケースの中で遊ぶ鳥さんたちを眺めながらゆっくりお茶をしましょうというスタイルで、ケース内にいるコザクラインコさんたちは店主さんと共に通勤しているそうです。ちなみに、お客側も鳥さん同伴で楽しめるカフェになっています。


いかがでしたでしょうか。鳥カフェというと最近では増えてきましたが、それでも関西にはまだ少なく、東京ほどはありません。それでも、こんなに素敵なお店があるのですから、もう十分かもしれませんね。ただ、人気店は行ってもいっぱいであることがあるので、予め電話で予約されることをおすすめします。鳥さん達を眺めながらゆっくり過ごす休日もいいかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)