カップルで富士急ハイランドデート。ポイントや注意点は?

誰もがご存知の「富士急」ですが、実はデートにオススメしたいのがこの季節なんです。夏の炎天下の下、長時間並ぶのは体力的にきついですよね。また、女性にとって暑さは天敵。メイクがすぐヨレる上、こうしたテーマパークでは化粧直しも出来ないものですよね。

今回は、この季節にピッタリの富士急デートを成功させるポイントをご紹介いたします。気を付けてほしい注意点もあるのでご参考に。

gazou 165

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%8C%E5%A3%AB%E6%80%A5%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89#/media/File:Fujikyu-Image.jpg


続きを読む

【1】 富士急ハイランドとは?

gazou 166

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%8C%E5%A3%AB%E6%80%A5%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89

富士急ハイランドとは、山梨県富士吉田市にある巨大テーマパーク。魅力は、なんといっても絶叫系アトラクション。実に多くの種類があるだけでなく、どれもかなりの完成度を誇っています。その恐怖と爽快感は、癖になる人が続出。リピーターも多いんですよ。まずはアクセスから確認しておきましょう。

・首都高速4号線→<中央自動車道(大月JCT経由)約90分>→『河口湖IC』→(0分)
・新宿駅西口→<中央高速バス約100分>→『富士急ハイランド』
・新宿駅→<JR中央線>→大月駅→<富士急行>→富士急ハイランド駅

料金ですが、オススメは5200円のフリーパス。朝から行くならこれが絶対いいですよ。なお、電車やバスを使う場合、移動手段のチケットとのセット販売もしておりこれもお得。車以外の方は要チェックですね。


【2】 オススメの乗り物

gazou 167

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%8C%E5%A3%AB%E6%80%A5%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89

それではさっそく、オススメの乗り物をご紹介していきましょう。今回は富士急なので、絶叫系をメインでご紹介いたします。

まずは『高飛車』。こちらは、落下角度121度という驚異の角度を誇っています。まるで宙吊りにされているかのような状態ですのでスリルは満点です。なお、高飛車はスタート時に暗闇を高速で駆け抜けます。これはスリル感を倍増させてくれる仕掛けだと言えそう。カップルで行けば、思わず手をつながずにはいられないアトラクションですね。

続いては『ええじゃないか』。そのネーミングのインパクトもさることながら、こちらのスリル感はピカイチ。なんと、座席が前後左右に回転しながら走行するのです。アトラクションのレールの上を、自身が回転しながら走行するなんてかなり珍しいですよね!また、ええじゃないかは脚が固定されません。まるで宙に浮いているかのような開放感も味わうことが可能ですよ。

最後はFUJIYAMA。最高時速130キロというスピードは、絶叫系好きにはたまらないはず。カップルで挑戦するだけで、きずなが深まりそうなアトラクションです。最高部79m、最大落差70mという驚異的な数は想像以上の体験を約束してくれますよ。


【3】 注意点

gazou 168
このような人気テーマパークでのデートでは注意してほしいことがいくつかあります。まずは待ち時間の過ごし方。富士急は待ち時間が長いことでも有名。『高飛車』や『ええじゃないか』は1時間半程度、FUJIYAMAでも1時間は覚悟しておいた方がいいでしょう。

また、天候には注意したいところ。というのも、富士急は天候に左右される乗り物が多いのが特徴です。特に絶叫系は、雨だけでなく強風でも運休になりやすいんですよ。晴れているからといって油断は禁物。前日から、天気をこまめに確認しておくのが無難だと言えるでしょう。なお、駐車した場所を絶対に覚えて置くこと。これはデート成功の必須条件です。

2人でくたくたになるまで遊んだあとは、車を探す体力なんてありませんよね。楽しい思い出が一転しないためにもぜひ気を付けてくださいね。


まとめ

いかがでしたか?カップルの絆を深めてくれる絶叫系アトラクション。高い場所が苦手な方も、思い切って挑戦してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)