日本語のボキャブラリーを増やすと外国語がペラペラに!!

常に話している言葉を少し変えるだけで、外国語は確実に話せるように成ります。ポイントを要約し使うボキャブラリーを変えるだけで、外国語会話は自由自在になります。

woman-845850_640


[expand title=” 続きを読む ” swaptitle=” ” alt=”next” trigclass=”noarrow”]

◆ピッタリな言葉を捜すだけ

business-world-463338_640

 言葉には色々なジャンルとレベルがあります。これは非常にカンタンなピラミッド構造になっており、下に行くほど一母音だけで「あー・いー・うー・えー・おー」情感と共に使われます。上部は多くの言葉を使う会話ができる層になっています。
上の言葉の種類を多く知っている人は、俳句のように少ない言葉数で、多くの意図を伝える事ができます。

 言葉を沢山知り、自分で消化している層は自分の意思を言語化する事ができます。一つの母音だけで常に会話をしていると、言葉の理解力が低下していきます。

 スゴイ、エライ、かんどー、やばいぃー、かわいぃー等の一言会話は、「誰が何に対し何時どこでどうしたから」が全く省略している為、会話時の瞬間文章作成能力が低く保たれ、意識される「思い」もひと言でしか考えられなくなっています。


◆言葉を捜す為には

old-books-436498_640

 人は自分に似た姿や思考を持つ人を好きになります。仲良しが同じファッションをしていたり、映画スターに憧れるとその姿形を真似します。同じ形をした人同士は親密さを深め易いということは、同じファッション以外の人とはあまり話をしない、コミニュケーションを取らない傾向を意味します。

 言葉を捜す練習の為には年齢の違う人や、主義趣向が異なる人とコミニュケーションを取る方法が適しています。日本語の同じ言葉での意味や隠れた意味など、自分の知らない言い方や表現方法で相手に対して、自分の意識を伝えるトレーニングに成りますし、自分の言葉に厚みが出てきます。

 人間は常に言葉に触れて居るようですが、実は熱い寒いなどの環境によって心の状態がコロコロと変わる為、感じた事が全て頭の中で文に成っていません。

 好きと言う単純な言葉でも、言い方やニュアンスが沢山あり、口では嫌いと言いながら愛していると言う意味にしたりする事ができます。

 言葉を多く知る為には先ず似た言葉を考える事、次に小説を読む事、そして戦後の昭和映画を見ることです。昭和映画には今の三輪明弘さんがお使いに成られるような色気と趣がある言葉が沢山出ています。


◆外国語で話すとき何が得か

eye-718523_640

 日本語の語彙が多いと外国語に変換する事が容易に成ります。このシュチュエーションではどの単語が似つかわしい、相手のレベルによって選ぶ単語を変えることにより、洗練された印象を与える事ができます。

 常にオゥイェェー、オォーナイスゥ、アァユゥレディー、レッツゴォーを叫ぶと、相手が心を閉ざしてしまいます。


◆まとめ

dream-333815_640

 外国人はフレンドリーで気さくだ言われていますが、外国では自分を名前を呼んでねと言われるまで敬称は外せませんし、社会階級は言葉で分かれています。フレンドリーだと油断すると、足元を掬われますから、ご用心下さいませ。

[/expand]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)