現代型不眠?!あなたの不眠の原因を解消しよう!

「現代型不眠」という言葉、皆さんは知っていますか?PCやスマートフォンが生活・仕事の必需品となる中、現代人の生活はこの10年で大きく変化しました。

PC・スマホによる強い光の刺激は、目に負担をかける一方、日光を浴びずに終日室内で過ごすなど、体内時計がバランスを崩しやすい生活習慣が定着してしまいました。その結果、不眠の症状を訴える人が増加してしまったのです。

現在不眠のあなた、その原因は現代の生活習慣がもたらした影響かもしれません。本稿では、現代型不眠についてご紹介し、快適な夜を取り戻すきっかけになればと思います。

70c6abcc4ae42da4e138d1f4d57be5c5_s


[expand title=” 続きを読む ” swaptitle=” ” alt=”next” trigclass=”noarrow”]

1.現代型不眠とは?

a0001_015497

様々な原因を持つ不眠症ですが、現代型不眠とは、現代の生活習慣がもたらす体内時計の不調和が招く不眠のことです。過去にはなかった、 便利な通信機器の普及などが生活を一変したこの現代の不眠状態を現代型不眠と呼んでいます。

ベッドの中でもスマートフォンでの情報検索に没頭していたり、就寝ぎりぎりまでPCを利用していたりするなど、現代型不眠は、あなたの睡眠を脅かしているのです。


その1.原因

a0002_010662

不眠を引き起こす原因は、現代の生活習慣の観点から、以下のように列挙できます。

・PCがないと仕事にならない
・コンビニやスーパーが深夜まで営業しており、強い光の刺激を受ける
・暗い部屋で就寝ぎりぎりまで、スマホを使い目が休まらない
・(平日が寝不足なので、)休日はいつまでも寝る
・朝、日光をあまり浴びない

人は睡眠時にはリラックスした状態になります。あなたが就寝する際、脳の状態が睡眠時同様、リラックスしていれば寝つきやすく、熟睡することが可能です。しかし、上に列挙した行動によりリズムが乱れ、不眠になってしまいます。


その2.症状

a0002_008007

現代型不眠の症状は、通常の睡眠不足の時に現れる症状と同様です。ここで、睡眠不足による日常生活の影響を知っておきましょう。

・集中力の低下:ケアレスミスや注意不足の発生
・記憶力の低下:簡単なことが覚えられない
・思考力の低下:会話の理解ができない、頭脳労働ができない
・日中の居眠り:活動時間帯に居眠りしてしまう
・肌荒れ:ホルモンバランスが乱れ、肌質が悪化
・肥満:食欲のバランスが保てなくなり、満腹感が得られない
・免疫力の低下:心身の回復時間が取れなくなり、免疫力が低下
・鬱病になりやすい:心の回復時間が減り、苛立ち・不安で気分が沈みがちに

健康な生活を送るためには、質の高い睡眠が欠かせません。上記のような症状に心当りのある方は現代型不眠に陥っているかもしれません。


2.解消方法

a0001_015495

睡眠を阻害する要因を取り除く、これに尽きます。以下では、詳しく解消方法を見ていきましょう。

上述の通り、現代社会においては、睡眠の阻害要因が沢山あります。良質な睡眠は、就寝時にリラックス状態を保つことが必要条件となりますが、体内のリズムが乱れているため、なかなかリラックスした状態に遷移することができないのです。

睡眠時の眠気は、メラトニンと呼ばれるホルモンの分泌によります。

メラトニンは、強い刺激や体内のリズムが乱れている場合に分泌が抑制されます。メラト ニンの分泌を抑制している限り、たとえ外部からメラトニンに分泌を促す物質を取り込んでも、良質な睡眠は獲得できません。現代型不眠を解消したいなら、原因となる行動をしないことです。


まとめ

ITの急激な進歩により、現代社会の生活習慣は劇的に変化し、多くの人が不眠に悩まされるようになりました。本稿では、こうした現代型不眠の原因を取り上げ、その解消方法を紹介しました。あなたの不眠が解消されることをお祈り致します。

[/expand]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)