【お金と心理】なぜカンタンに騙されるのか!‐男と女‐

恋愛関係だと信じていたらお金を取られてしまった、信じていたのにこんなはずじゃない、何かの間違いだ、あの人が私をダマスはずが無い・・・。
 良くある話で、騙されていると言われた人は親身になってくれた人と徐々に距離を置いてしまう事も。

 今回は「騙される人」の心理と「騙す人」のロジックをご説明します。

sad-505857_640


[expand title=” 続きを読む ” swaptitle=” ” alt=”next” trigclass=”noarrow”]

◆ダマされてお金をとられちゃう人‐心理‐

shy-863056_640

‐だまされ易い人
• 婚活に疲れてしまった人
• 目的を失った(大学の新入生・社会のフレッシュマン・結婚した人)
• 病気を抱えている人
• 真面目な人
• 書類に不慣れな人
• 話せば判ると思っている人

 病気の人はやさしい言葉で「一緒に」と言う言葉を使ってくれる人にケロッと行きます。人間は常に栄光や利益はひとりで受けたいものです。借金や負債や失敗などの責任は誰かと一緒に分けたいと願います。

ダマされる人は、誰かに何とかして欲しい、と思っています。

 男性は惚れた相手に「仕事」も「お金」も「自分の魂」までも投げ出します。惚れたら相手の為にどんな事でもします。惚れた相手が喜ぶなら、ヘロヘロに成るまで働きます。それが日本のお父さんです。

 女性は相手が自分から離れそうだ、一人ぼっちに成るかも知れない恐怖に襲われるとき「お金」を出します。相手が好きかどうかは関係有りません。一人ぼっちの自分が恐くなると「自分の為」にお金を出します。


◆ダマしてしまう人‐騙すロジック‐

pet-423398_640

 ダマす人は自分がダマしている罪悪感が無いケースが殆どです。つまり自分は悪くないと思っています。
 始めからダマそうと計画しているのではなく、相手に好かれたい、相手を喜ばせたいと思い相手が喜ぶような言葉を語っていたら、結果としてダマしてしまったと言う事もあります。

 当人自身は気の弱い相手の顔色を見るのに慣れた人だったり。自分が話していることを相手が誤解しても、訂正しなかったりした事が問題を大きくしてしまうことも有ります。

 相手と幾度か話していると言葉の状態で相手が何を恐がり、何を良しとしているのかの思考パターンを把握できる様に成ります。

 我々が何気なくしている嫌味や当てこすりなどがその例です。相手の弱点を褒めたり突いたりすることで、相手の感情と気分をカンタンに操れるようになります。

飴とムチを使う事に因って相手から、お金さえ出せば何とか成ると言う気持ちにしていきます。


◆騙されない方法とは

girl-218706_640

 自分の口癖をご存知ですか。何気なく何時もぽろっと言う言葉に無意識が表れます。何に対して好き嫌い、損得、良し悪し、正しい間違いなど、何に対してドウ考えるのかを相手が掴むのに好都合です。

 思考が固い人や自分の思いにとらわれ易い人、相手の頭の中を想像できない人はダマされてしまいます。

‐相手の思考を読むには(カンタンな方法)
• その人と話しているとどんな気分がするか
• 焦らせていないか
• このチャンスを逃したら大変な事になる?
• 恐がらせているなら
• 論理的に話しているか


◆まとめ

girl-102829_640

 ダマされてるのかもと思ったら、時間をくれと言いましょう。時間をくれず第三者に公表できない意見は怪しいと思って間違いがありません。
 
 ダマされるのは感情が揺れている時です。

[/expand]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)